左手1本で250ヤード! 障害者ゴルフ世界ランク日本人トップの小山田雅人はどうやって飛ばしている?

左手1本で250ヤード! 障害者ゴルフ世界ランク日本人トップの小山田雅人はどうやって飛ばしている?

右手は義手で添えるだけ(撮影:鈴木祥)

<ASO飯塚チャレンジドゴルフトーナメント 初日◇9日◇麻生飯塚ゴルフ倶楽部(福岡県)◇6809ヤード・パー72>

大会週の水曜日に行われたプロアマは、障害者ゴルファー2人とプロがラウンドする3人1組のチャレンジドプロアマとして行われた。そのなかには日本選手トップとなる障害者ゴルフ世界ランキング38位の小山田雅人の姿もあった。


2歳のときに不慮の事故で右前腕をなくした小山田は、中学時代には野球部のピッチャーを務め、県大会で準優勝した。19歳で本格的にゴルフをはじめ、障害者の世界大会では部門別で何度も優勝経験がある。2014年にはPGAのティーチングプロ資格を取得。「右腕の前腕から先がないので、右手は義手をつけて添えるだけ」なのに、左手1本で250ヤードを飛ばす。ハンディキャップは2.2、55歳のアスリートゴルファーに飛ばしのコツを聞いてみた。

「左腕だけで打つとスピン量が減ります。いまはどこのドライバーも低スピン。球を上げないと、ドロップしてしまうので、ロフトで上げてアッパーに振り抜いています。それでも1500回転くらい」。ヘッドスピードや打ち出し角にもよるが、ドライバーの適正スピン量は2000回転台前半が適正といわれているので、1500回転はかなり少ない。

左を向いてフェースをかぶせる独特なアドレスにも飛ばしの秘密がつまっている。「私はオープンに構えて、インサイド・アウトに大きく振ってドローボールを打っています。オープンに構えるのは体のネジレを大きく使って飛ばしたいから」。その大きなネジレを作るには、土台がしっかりしていないとダメ。「足を徹底的に鍛えています。野球をやっていたころはピッチャーで走り込みをかなりやっていましたから、それも役立っています」と、左手一本で飛ばす技術も体力も兼ね備える。

義手ゴルファーならではの悩みもある。「インパクトで右手が左手を追い越すときに、義手の小指が左手に当たって壊れたりたりするので、小指の部分に鉄を入れて補強したりしています」と小山田。また、遠征中に壊れても困らないように、SNSには7本の義手を持ち歩く写真もアップされている。

さらに、一般ゴルファーにもアドバイスを求めると、「左手で振っている人はフォローで左ヒジが伸びてしまうのですが、そのままフィニッシュまでいくと右肩が回り切りません。フォローで伸びた左ヒジをしっかりたたんでフィニッシュを作ることで、右肩が回って飛距離が出せます」と教えてくれた。小山田の飛ばしには、ツアープロとはまた違った凄みがある。

<ゴルフ情報ALBA.Net>