PGAツアーがサウジ新リーグ『LIVゴルフ』参戦のミケルソンら追放へ 今後の参戦も資格をはく奪

PGAツアーがサウジ新リーグ『LIVゴルフ』参戦のミケルソンら追放へ 今後の参戦も資格をはく奪

PGAツアーがLIVゴルフ参戦の選手を追放(撮影:GettyImages)

9日、ロンドン郊外のセンチュリオンGCで『LIVゴルフ』のインビテーショナル・シリーズが開幕した。現地時間午後2時にスタートするや否や、米PGAツアーのジェイ・モナハン会長は、ツアーメンバー向けに、LIVに参戦した選手らの資格をはく奪するとメモを送った。


「ロンドンで開催されるサウジのゴルフリーグへの参戦は、PGAツアー規則に違反する」とし、「出場したPGAツアー選手は、PGAツアー、およびプレジデンツカップへの出場停止。これはPGAツアーの共催競技、コーンフェリー・ツアー、PGAツアー・チャンピオンズ、PGAツアー・カナダ、PGAツアー・ラテンアメリカにも適用される。また今後のサウジのゴルフリーグへの出場も同等とする」とし、事実上の追放となった。

すでにメンバーを返上した選手については、PGAツアー規則に従い、今週のPGAツアー、RBCカナディアンオープン終了後にフェデックスカップ・ポイントランキングから削除、また今後はスポンサー推薦や他の資格でノンメンバーとしての大会出場も認めないとした。

またモナハン会長は「お金、お金、お金ばかりを語ることにファンもパートナーも飽き飽きしている。PGAツアーは今後も世界レベルの戦いを毎週続けていく」と綴った。

この発表に対してLIVゴルフはすぐに反論。「きょうのPGAツアーのアナウンスは実に執念深く、ツアーと選手を分断するもの。ゴルファーがプレーすることを妨げるツアーは許されない。この問題はこのまま終わらない。フリーエージェント時代が始まった。ロンドン、及び今後の大会に出場する選手を誇りに思う」とコメントを発表した。(文・武川玲子=米国在住)

PGAツアーが資格停止を発表した選手は以下のとおり。

セルヒオ・ガルシア(スペイン)※
テーラー・グーチ(米国)
ブランデン・グレース(南アフリカ)※
ダスティン・ジョンソン(米国)※
マット・ジョーンズ(オーストラリア)
マルティン・カイマー(ドイツ)※
グレーム・マクダウエル(北アイルランド)※
フィル・ミケルソン(米国)
ケビン・ナ(米国)※
アンディ・オグレトリー(米国)
ルイ・ウーストハウゼン(南アフリカ)※
ターク・ペティット(米国)※
イアン・ポールター(イングランド)
シャール・シュワーツェル(南アフリカ)※
ハドソン・スワフォード(米国)
ピーター・ユーライン(米国)
リー・ウェストウッド(イングランド)※

※すでにメンバーシップを返上した選手

<ゴルフ情報ALBA.Net>