<速報>渋野日向子は出入り激しいゴルフもイーブン 2つのダブルボギーも笑顔のバーディ締め

<速報>渋野日向子は出入り激しいゴルフもイーブン 2つのダブルボギーも笑顔のバーディ締め

渋野日向子が初日のラウンドをバーディで締めくくった(撮影:ALBA)

<ショップライトLPGAクラシック 初日◇10日◇ストックトンシービューH&GC(米ニュージャージー州)◇6190ヤード・パー71>

数少ない米国女子ツアーの3日間大会で、第1ラウンドをプレーした渋野日向子がホールアウトした。出入りの激しいゴルフで5バーディ・1ボギー・2ダブルボギーの「71」。イーブンパー、ホールアウト時点で30位タイという立ち上がりになった。


2番パー4でいきなりダブルボギーを叩いた渋野だったが、その後、9番でイーグル逃しのバーディもあり1オーバーで折り返した。すると11番パー3では、ピン奥5メートルからのバーディパットをねじ込んでイーブンまで戻す。しかしそれも束の間、2打目をグリーン左のブッシュに入れてしまった13番パー4で、この日2つ目のダブルボギーを叩いてしまった。

それでも直後の14番パー4では、スピンが効いた2打目がピン右1.5メートルにピタリ。これを決めてバウンスバックに成功した。さらに最終18番パー5では2オンに成功し、2パットのバーディフィニッシュ。最後にイーブンに戻し、キャディとグータッチするときには笑みもこぼした。

日本勢は渋野のほかに3人が出場。今季これが2試合目の出場となる野村敏京は、第1組の一人としてプレーし1アンダーでホールアウトした。古江彩佳はこの後日本時間午前2時4分に10番から、畑岡奈紗は同午前2時32分に1番からそれぞれ競技を開始する。

現在のトップは6アンダーで初日を終えたステファニー・キリアコウ(オーストラリア)。2打差にコ・ジンヨン(韓国)、クリスティ・カー(米国)、ブルック・ヘンダーソン(カナダ)が続いている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>