ウィンダム・クラークが首位キープ ローリー・マキロイが2位タイ、小平智は腰痛のため棄権

ウィンダム・クラークが首位キープ ローリー・マキロイが2位タイ、小平智は腰痛のため棄権

マキロイ連覇へ2位浮上(撮影:GettyImages)

<RBCカナディアン・オープン 2日目◇10日◇セントジョージズG&CC(カナダ)◇7014ヤード・パー70>

米国男子ツアーの「RBCカナディアン・オープン」2日目。首位から出たウィンダム・クラーク(米国)がイーブンパーで回り、トータル7アンダーで首位を守った。


1打差の2位タイにローリー・マキロイ(北アイルランド)、キース・ミッチェル(米国)、マシュー・フィッツパトリック(イングランド)ら5人が続く。

世界ランキング1位のスコッティ・シェフラー(米国)はトータル4アンダーの8位タイ。先月の「全米プロゴルフ選手権」を制したジャスティン・トーマス(米国)はトータル2アンダーの21位タイ。

日本勢でただ一人出場していた小平智は腰痛のため棄権した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>