R・マキロイとT・フィナウが通算11アンダーで首位並走 全米プロVのJ・トーマスが2差3位

R・マキロイとT・フィナウが通算11アンダーで首位並走 全米プロVのJ・トーマスが2差3位

マキロイが大会連覇をかけて、首位で最終日へ(撮影:GettyImages)

<RBCカナディアン・オープン 3日目◇11日◇セントジョージズG&CC(カナダ)◇7014ヤード・パー70>

米国男子ツアーの「RBCカナディアン・オープン」の第3ラウンドが終了。前回大会覇者のローリー・マキロイ(北アイルランド)と、トニー・フィナウ(米国)がトータル11アンダーまで伸ばして、首位に並んだ。


マキロイはこの日、6バーディ・1ボギーの「65」でラウンドし、スコアを5つ伸ばしたが、それ以上にいいプレーを見せたのがフィナウだった。1イーグル・7バーディ・1ボギーで、この日のベストスコアとなる「62」をマークして、16位タイから一気にリーダーボードを駆け上がった。

2日目を終えて単独首位に立っていたウィンダム・クラーク(米国)は、「68」とスコアを2つ伸ばしたものの、首位と2打差のトータル9アンダー・3位タイに後退。また、5月に行われた「全米プロ」を制したジャスティン・トーマスが、「63」とスコアを7つ伸ばして、トータル9アンダー・3位タイに浮上している。

世界ランキング1位のスコッティ・シェフラー(米国)は、「71」とスコアを1つ落とし、トータル3アンダー・29位タイに後退した。なお、日本勢でただ一人出場していた小平智は、腰痛のため第2ラウンドの8ホールプレーしたところで棄権。小平は来週の「全米オープン」出場を予定している。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連ニュース】