「3年待った甲斐があった」R・マキロイが連覇達成 “ノーマン超え”でしてやったり

「3年待った甲斐があった」R・マキロイが連覇達成 “ノーマン超え”でしてやったり

JTとフィナウを抑えて、マキロイが8カ月ぶりV(撮影:GettyImages)

コロナ禍で2020年、21年と開催が中止となった今大会は3年ぶりに行われた。19年大会を制したロリー・マキロイ(北アイルランド)が最終日に「62」をマークし、ジャスティン・トーマス、トニー・フィナウ(ともに米国)を退けてトータル19アンダーで勝利した。


勝負の分かれ目は17番パー4だった。マキロイとJT(ジャスティン・トーマス)が、ともにトータル17アンダーのトップで並んで迎えた。だが、ティショットで明暗を分けた。フェードで打ち出したJTは右ラフ、ドローボールを打ったマキロイは367ヤード飛ばし、左ラフぎりぎりのファーストカットで止まった。

JTは2打目をグリーン前まで運んだが、アプローチを寄せ切れずに4メートルを残した。一方のマキロイは、残り127ヤードを60センチにつけた。これを見たJTはマキロイに親指を立てて“サムアップ”を送った。ボギーとしたJTとバーディを奪ったマキロイは、このホールで2打差がついた。

マキロイは最終18番パー4でも1.2メートルにつけてバーディフィニッシュ。JTはボギーとして3位に後退。2位のフィナウに2打差をつけて逃げ切った。

表彰式ではファンから大声援を浴びた。「3年待った甲斐があった」。そして初の大会連覇、ツアー通算21勝と紹介された優勝会見での第一声は意外なものだった。「(PGAツアー通算20勝の)ノーマンより1勝多い!」。サウジの新リーグ『LIVゴルフ』でゴルフ界を騒がせているグレッグ・ノーマンを揶揄(やゆ)した。世界各地で90勝以上をあげているノーマンだが、実はPGAツアーは20勝だけ。

「僕にとっては、とても大きな意味がある勝利」と話す。「PGAツアーで勝つことは、年々、とても難しくなっている。きょう一緒にプレーした二人(JTとフィナウ)だけを見てもわかるだろう。僕は首位で(最終日を)スタートしたのに、8アンダーで回ってようやく勝利できた」。昨年10月の「ザ・CJカップ@サミット」以来、約8カ月ぶりの勝利を喜んだ。

さらに付け加える。「PGAツアーの層は、ものすごく深くなっている。JTとトニーを相手に勝利したこと、そして21勝目を挙げたことに、僕はスーパーハッピーだ。ファンも信じられないほど素晴らしかった。とても感謝している」。3年ぶりの大会開催に集まったカナダのゴルフファンは、何重にも18番グリーンを取り囲み「ローリー! ローリー!」といつまでも声援を送っていた。

次週は今季メジャー第3戦目「全米オープン」を迎える。「ボストンに向けて大きな勢いになる。でも今はこの勝利を祝いたい」と、33歳は満面の笑みだった。(文・武川玲子=米国在住)

<ゴルフ情報ALBA.Net>