コリン・モリカワ首位浮上 松山英樹は24位タイ、ほか日本勢は予選落ち

コリン・モリカワ首位浮上 松山英樹は24位タイ、ほか日本勢は予選落ち

コリン・モリカワが「66」のプレーで首位浮上(撮影:GettyImages)

<全米オープン 2日目◇17日◇ザ・カントリークラブ(米マサチューセッツ州)◇7264ヤード・パー70>

海外メジャー「全米オープン」は第2ラウンドが終了。この日のベストスコア「66」をマークしたコリン・モリカワ(米国)がトータル5アンダーで首位タイに浮上した。ジョエル・ダーメン(米国)と並んでいる。


1打差の3位タイに昨年覇者のジョン・ラーム(スペイン)、先週の「RBCカナディアン・オープン」で優勝したローリー・マキロイ(北アイルランド)、アーロン・ワイズ、ヘイデン・バックリー、ボウ・ホスラー(いずれも米国)がつけている。トータル3アンダーの8位タイにスコッティ・シェフラー(米国)ら5人が続く。

松山英樹は2日間「70」を並べ、トータルイーブンの24位タイで決勝ラウンド進出を決めた。そのほか日本勢は、小平智がトータル5オーバー・82位タイ、星野陸也とアマチュアの中島啓太がトータル8オーバー・121位タイ、出水田大二郎がトータル10オーバー・131位タイ、杉山知靖がトータル12オーバー・141位タイ、香妻陣一朗がトータル13オーバーの144位タイでいずれも予選落ちとなった。

また新リーグ「LIVゴルフ」に参戦する選手では、ダスティン・ジョンソン(米国)がトータル1オーバーの31位タイ、ブライソン・デシャンボー(米国)がトータル2オーバーの40位タイで決勝ラウンドへ。フィル・ミケルソン(米国)はトータル11オーバーの134位タイで、2日間で姿を消した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>