優勝翌週に稲見萌寧が抱える“悩み” 「2週連続で勝てる力は…」

優勝翌週に稲見萌寧が抱える“悩み” 「2週連続で勝てる力は…」

2週連続Vがかかる試合を前に稲見萌寧はどこか不安げ?(撮影:岩本芳弘)

<富士フイルム・スタジオアリス女子オープン 事前情報◇8日◇花屋敷ゴルフ倶楽部 よかわコース(兵庫県)◇6390ヤード・パー72>

先週の「ヤマハレディースオープン葛城」最終日に見事な逆転劇を演じ、今季3勝目(通算4勝目)を挙げた稲見萌寧だが、2週連続優勝がかかる兵庫県の会場では弱気な言葉を並べた。


プロアマ出場後に臨んだ公式会見で、今週の状態について聞かれた稲見は「毎回そうなんですけど、今回も優勝翌日からショットが崩れてしまっていて…。疲れもあるのかな。ショットがきょうもうまくいってない」という悩みを吐露。「この後の練習や試合の途中でうまく修正できれば」と引き続き調整を行っていくが、“生命線”ともいえる部分の違和感とあって威勢のいい言葉が聞こえてくることはなかった。

特に「初めて回る」というこのコースは、砲台グリーンも多く、ショットのつけどころが大きくスコアを左右することにもなる。稲見も「グリーン周りはアプローチの技も必要になる。ショットでチャンスを作ることが大事」と理解しているだけに、なおさら神経を使う部分になっていそうだ。

2週連続優勝への意気込みを聞かれた時も、「勝った次の週はいつもショットの調子が悪い。今の私にはまだ2週連続で勝てる力はない」という“自虐”が口をつく。そのなかで優勝翌日の月曜日に地元・千葉県に戻り、トレーニングと練習をしっかりとこなすなど、最善を尽くす準備を進めている。

「“誰にも負けたくない”、“誰にも負けないくらいの実力をつけたい”というのは昔からある思い」という気持ちを支えに、プロ生活を歩んできた選手が見せた弱気。しかし、今年は「ショットの調子が上がらない」という言葉を何度も口にしながら、複数回優勝を達成しているという事実もある。

難関・葛城で3日目、最終日と続けて「66」をたたき出しての優勝だが、「成績がよくて勝ったとしても自信がつくわけではない。ただ4日間大会で勝てたのは一番大きい」とこれで慢心することもない。悩める稲見が、開幕前の心配を払拭するようなプレーをするかに注目したい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>