藤田寛之は『5TX』の軽硬シャフトで1Wに飛距離と安定感 「ブーストと呼んでいます」【勝者のギア】

藤田寛之は『5TX』の軽硬シャフトで1Wに飛距離と安定感 「ブーストと呼んでいます」【勝者のギア】

藤田寛之は軽硬シャフトでシニアツアー初優勝

<スターツシニアゴルフトーナメント 最終日◇19日◇スターツ笠間ゴルフ倶楽部(茨城県)◇6932ヤード・パー72>

シニアツアー初優勝を挙げた藤田寛之のバッグを見てみると、ドライバーには来月発売される三菱ケミカルの『VANQUISH』(バンキッシュ)が挿さっている。スペックはなんと『5TX』。最近流行りの“軽硬”シャフトだ。シャフト自体は5月最初の試合から使用しているが、軽硬に換えたのは最近だという。いったいどんなシャフトなのか。


「あのシャフトは全体の粘りと、速く動こうとする部分があって、そのタイミングが合うと、スピードがバーンと乗るんですよ。ちょうどトップスピードに入るところがある。『粘り』と『速さ』の両方でバーンとくる。自分はそれをブーストと呼んでいます。このシャフトは飛ぶし、タイミングも合うし、いいなと思って使い始めました」

試合数がまだ少ないので単純比較はできないが、昨季の藤田のレギュラーツアーでのドライビングディスタンスは267ヤード。それが今季は274ヤードに伸びている。

そして、今までは基本的に『6S』だった藤田が『VANQUISH』の『6X』を使い始めたとき、すでに『5TX』を投入した男がいた。今年は40グラム台のシャフトも試している片山晋呉だ。

「晋呉が『すごくいいですよ』と言うので、自分も打ってみたら良かった。さっき、このシャフトは粘りがあると言いましたが、『5TX』のほうがもうちょっとシンプルで、粘りがちょっと弱い。それにTXといっても硬く感じないんですよ。いままでは硬いシャフトだとボールが上がらなくて、ドロップしていたのですが、これはしないですね」と藤田。現在使っている『RMX VD』プロトタイプとの相性もバッチリで、今大会ではドライバーの大きなミスはほとんどなく、飛距離も出ていた。

藤田は昨季、23季連続で守ってきたレギュラーツアーの賞金シードを失い、今年は生涯獲得賞金25位以内の資格で戦っている。「いよいよ最後のシーズンになるかもしれない」と、パターをエースに戻した。もともとスコッティキャメロンのブレード型パターを複数所有している藤田。ほかのパターと何が違うのか。

「ここ何年かボールが左に行くようになって、すべてのクラブが左を向いて見えるようになってきた。あれは自分が持っているパターのなかで、一番左を向いていないんです」と藤田はいう。エースなのにこれまで使わなかった理由については、「あれに頼りすぎるのが嫌だった。例えば宅急便とかで折れてなくなったらダメになるとかね。だからエースに匹敵するパターを作って、それをスーパーサブと呼んでいました(笑)」。

シニアツアーで初優勝を挙げたものの、レギュラーツアーでは苦しい戦いが続いている。「パターとして信頼があるからパターのせいにはできない。自分の打ち方を疑うことができる」。エースパター投入はシード復活へ強い気持ちの表れでもある。

【藤田寛之の優勝クラブセッティング】
1W:ヤマハ RMX VD プロトタイプ(10.5度/VANQUISH 5TX 45.5インチ)
3W:ヤマハ RMX VD(15度/Diamana DF60 S)
5W:ヤマハ RMX VD(17度/Tour AD F-85 X)
3,4U:タイトリスト TS2(21,23.25度/AMT TOUR WHITE S200)
5I:ヤマハ RMXフォージド プロトタイプ(AMT TOUR WHITE S200)
6I〜PW:ヤマハ RMX VD TOUR MODEL(AMT TOUR WHITE S200)
53,58.5度:タイトリスト ボーケイ SM9(52.12F,58.08M/DG EX TOUR ISSUE S200)
PT:スコッティ キャメロン プロトタイプ
BALL:タイトリスト PRO V1 イエロー

<ゴルフ情報ALBA.Net>