三度目の正直ならず… ウィル・ザラトリスはメジャー3度目の2位に「扉はノックし続けないと」

三度目の正直ならず… ウィル・ザラトリスはメジャー3度目の2位に「扉はノックし続けないと」

最後のパットを外して…(撮影:GettyImages)

<全米オープン 最終日◇19日◇ザ・カントリークラブ(米マサチューセッツ州)◇7264ヤード・パー70>

思いを託したバーディパットはわずかに左を抜けて行った。「素晴らしいパットを打てた。 それがたまたまあそこで止まったんだ」。メジャーでツアー初優勝を狙ったウィル・ザラトリス(米国)の悲願はまたも届かなかった。


首位で並んでスタートもいきなり連続ボギーが来る展開。それでも「クレージーに戦った」という25歳の若武者は諦めることなく、6番、7番と連続バーディを奪って借金をチャラにすると9番でも約5.5メートルを沈めてバーディ。追撃態勢を整えてサンデーバックナインへと向かう。

すると上の二人がつまずくなか、11番で同じように約5.5メートルを沈めてリーダーボードの最上位へ。だが、次の12番でボギーを叩くなどここからは一進一退の戦いが続くと、15番でバーディを奪ったマシュー・フィッツパトリック(イングランド)に頭一つ抜かれる。16番で1打差に追いついたが、最終ホールの約4.2メートルのパットを決められず。昨年の「マスターズ」、そして今年の「全米プロゴルフ選手権」に次ぐ自身3度目のメジャーでの2位となってしまった。

あと一歩届かなかったが「楽しかった。後悔はしていないよ」とザラトリス。「今日のようなコースでプレーしたことを考えると、アンダーパーで回れたことはとてもよかった。 マット(フィッツパトリック)の18番のショットは、おそらく全米オープンの歴史の中で語り継がれるだろう。だから彼に脱帽さ」。それでも続く言葉は悔しさをにじませる。

「もちろん、悔しいよ。これでメジャーで3度目の2位。その扉はノックし続けないといけない。正しいことをしているのは分かっているんだ。あと数センチのために大金を払ってもいい。そしたらおそらく3度のメジャーチャンピオンになっているだろうね。今やっていることを続けていくだけさ」

今季のメジャーだけ見ても6位タイ、2位、そして今回の2位。確実にその時は近づいてきている。「数日、あるいは1週間休んで、また気持ちを入れ替えようと思っているよ。今回のレースはかなり痛かったけど、モチベーションは上がった。今やっていることを続けなければならないんだ。 遅かれ早かれ、1つは手に入れることになると思っているよ」。今年残すメジャーは聖地セント・アンドリュースで行われる「全英オープン」。大舞台に強い男は「次こそ」という思いをさらに強めた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>