細川和彦、中古ショップで買ったドライバーを即投入し7位 「打ってダメなら売ればいい」

細川和彦、中古ショップで買ったドライバーを即投入し7位 「打ってダメなら売ればいい」

細川和彦は中古で買った『SIM』を即投入し7位フィニッシュ

シニア2年目の細川和彦は、先週の「スターツシニア」で今季自己最高の7位でフィニッシュ。賞金148万5000円を獲得した。その手に握られていたドライバーは、20年に発売されたテーラーメイドの『SIM』。なんと大会開幕2日前に中古ショップで買ったものだった。


水曜日に会場で練習を行った後、細川は高橋勝成とともにホテル近くの中古ショップへ。「勝成さんに選んでもらった」と『SIM』を購入した。中古の『SIM』は、状態が良ければ5〜6万円で売られている。ツアープロならメーカーに頼んで作ってもらうこともできるのに、なぜ中古ショップに足を運んでお金を出すのか、細川に聞いてみた。

「メーカーにもらったら使わないと悪いし、なにより中古ショップだとヘッドを選ぶことができる。ヘッドには個体差があるので、自分が構えやすいものを使っています。今までは『SIM MAX』を使っていたんですけど、ずっと『SIM』が気になっていたんですよね」

細川は21年モデルの『SIM2』や最新の『ステルス』も打っているが、あえて20年モデルの『SIM』や『SIM MAX』を好んで使っている。この週もエースの『SIM MAX』を持ってきていて、『SIM』が合わなければ、それを使う予定だった。中古で買った『SIM』のヘッドに、もとから使っていたシャフトを装着し、開幕前日のプロアマで試運転させた後、「試合で使ってみないとわからない」といきなり投入。大会3日間使い続け、7位に入った。

普段からよく中古ショップに行く契約フリーの細川だが、クラブがどんどん手元に増えていくわけではない。「打ってダメなら売ればいい」。細川が利用している中古ショップは、購入当日であれば本体価格の95%、3日以内なら本体価格の90%で買い取ってもらえるため、試合で使って合わなければ、またすぐに売ってしまう。本体価格とは税抜価格のことで、当日売ったとしても「7000、8000円ずつ損をする」という。

数ある『SIM』のなかから細川のために高橋が選んだのは「普通に打ったらつかまった球で真っすぐいって、叩いたときにちょっとドロー系でいくやつが理想。引っぱたいて真っすぐいって、軽く振って右に擦れるよりはね」というもの。細川は「1人1人感覚が違うので、アマチュアの人に『これがいいですよ』とは言えない。その人の感覚だからね」と考えている。

さらに、中古ショップあるあるも話してくれた。「中古ショップで自分の構えやすいヘッドに巡り会えたのはドライバーとパターくらいかな。気に入ってそのときは我慢して買わずに、次買いに行ったら逃しちゃう。クラブは一期一会だから、良いと思ったらすぐ買わないとね。そんなクラブは『買ってくれー』ってクラブが呼んでいるから(笑)」。

新品のクラブは、そのものを打って試すことはできないが、中古クラブなら買う前に打って試すこともできる。もちろん、一般ゴルファーがツアープロのように自分に合った1本を探すのは難しいが、中古ショップをうまく活用するのが、その近道なのかもしれない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>