渋野日向子は頭痛などの症状がありメジャーを棄権 医師の診断のもと休養へ「非常に残念がっていた」

渋野日向子は頭痛などの症状がありメジャーを棄権 医師の診断のもと休養へ「非常に残念がっていた」

渋野が頭痛でメジャーを棄権

渋野日向子は頭痛などの症状がありメジャーを棄権 医師の診断のもと休養へ「非常に残念がっていた」

2日目終了後の渋野日向子 つらそうな様子だった(撮影:ALBA)

<KPMG全米女子プロゴルフ選手権 3日目◇25日◇コングレッショナルCC(米メリーランド州)◇6894ヤード・パー72>

渋野日向子が体調不良で、大会3日目を前に棄権した。現地時間午前10時6分(日本時間午後11時6分)に予定していたスタートに合わせ、一度はコースに姿を現したものの、ショット練習場で数球打っただけで切り上げ。午前10時前に大会側にラウンドの取りやめを申し出た。


大会初日から関係者が「連日の暑さで疲労が残っている」という理由を説明し、ラウンド後の取材対応や、練習はせずに帰路についていた渋野は、その状態が心配されていた。この日も状況を説明した関係者によると、体調を崩したのは今週の火曜日ごろからで、無理せずプレーすることを目指したが完全回復には至らなかった。

症状については「頭痛や体温が高い。疲労もあると思う」という。今朝になり少し落ち着いたものの、コースでの様子を踏まえたうえで判断にいたった。今後は医師の診断を受けたうえ、その指示のもと適切な休養をとることになる。

「ファンのみなさまに申し訳ない。本人は非常に残念がってたし、やりたいと言ってた。ただ本人のこれからを一番に考えてチームとして決断しました」と同関係者。今後の予定についても診察結果などによって決める方針だという。まずはしっかりと体調を整え、次の試合に備えていく。

なお渋野は「数日前から体調不良でしたが、全米女子プロ選手権決勝ラウンド棄権という判断になりました。世界最高峰のプレーヤーが集まる舞台で最後までパフォーマンス出来なかったことが悔しいです。まずは体調を整えて、皆さんの前で元気なプレーをできるようにゆっくりと休みたいと思います」というコメントを関係者を通じて発表した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>