国内女子は昨年36H短期決戦になった4日間大会 米欧男子は全英切符もかけた一戦【今週の主要大会】

国内女子は昨年36H短期決戦になった4日間大会 米欧男子は全英切符もかけた一戦【今週の主要大会】

昨年の資生堂レディスは鈴木愛が涙の勝利(撮影:米山聡明)

米国女子ツアー、国内男子ツアーはオープンウィーク。国内女子ツアーでは神奈川県で今季初のトーナメントが行われる。大会開幕前の“前夜祭”にも注目だ。今週の主要大会をおさらい。


■国内女子「資生堂 レディスオープン」(6月30日〜7月3日、神奈川県・戸塚カントリー倶楽部、賞金総額1億2000万円)

昨年大会は初日、2日目の大雨で中止に。3日目になってようやく競技がスタートしたが、日没で順延となり、最終日になって全選手が第1ラウンドをホールアウト。予選カットは70位タイまでだったが、競技成立となる36ホールを完遂するため、セカンドカットというかたちで67名の選手のみ決勝ラウンドに進んだ。

トータル10アンダーまで伸ばした鈴木愛が優勝。2019年11月の「伊藤園レディス」以来のツアー通算17勝目を挙げた。トータル9アンダーの2位タイに勝みなみと西郷真央。トータル8アンダーの4位タイには山下美夢有、ささきしょうこが続いた。

今大会には連覇をねらう鈴木のほか、2週連続Vに臨む木村彩子、昨年のプロテストにトップ合格した尾関彩美悠、イ・ボミ(韓国)らが出場する。2019年覇者の渋野日向子はエントリーしていない。

また大会開幕前の火曜日には“前夜祭”も行われる予定。選手らのパーティドレス姿にも注目だ。

■米国男子「ジョン・ディア・クラシック」(6月30日〜7月3日、米イリノイ州・TPCディアラン、賞金総額710万ドル=約9億6000万円)

舞台を東海岸から内陸の中西部に移動し、ジョーダン・スピース(米国)が過去2勝した「ジョン・ディア・クラシック」が開催される。日本勢からは小平智と今田竜二が出場する。

前年大会は当時41歳だったルーカス・グローバー(米国)がトータル19アンダーで逆転優勝。2011年「ウェルズ・ファーゴ選手権」以来のツアー4勝目を挙げた。

今大会の上位3人(有資格者は除く)には、7月14日に開幕する「全英オープン」(スコットランド・セントアンドリュース)の出場権が与えられる。

■欧州男子「ホライゾン・アイルランドオープン」(6月30〜7月3日、アイルランド・マウントジュリエット・エステート、賞金総額600万ドル=約8億円)

過去にはローリー・マキロイ(北アイルランド)やジョン・ラーム(スペイン)が制した欧州男子ツアー大会。昨年はルーカス・ハーバート(オーストラリア)が初日からのリードを守り、トータル19アンダーでツアー2勝目を挙げた。金谷拓実はトータル8アンダーの28位タイに終わった。

今大会には前週の「BMWインターナショナル・オープン」で10位タイに入って出場権を獲得した比嘉一貴、川村昌弘が参戦する。今大会の上位3人(有資格者は除く)には、全英オープンの出場権が与えられる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>