<中間速報>稲見萌寧が単独首位 比嘉真美子1差、原英莉花は「67」で浮上

<中間速報>稲見萌寧が単独首位 比嘉真美子1差、原英莉花は「67」で浮上

「67」で上位に浮上した原英莉花(撮影:村上航)

<宮里藍 サントリーレディスオープン 2日目◇11日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(兵庫県)◇6517ヤード・パー72>

2021年の国内女子ツアー第15戦は、第2ラウンドが進行中。午前スタートの全選手がこの日の競技を終えて、今年5勝の稲見萌寧が4バーディ・ノーボギーの「68」と4つ伸ばし、トータル10アンダー・単独首位に立っている。


1打差2位に比嘉真美子。2打差3位タイに西村優菜と福田真未、3打差5位タイには山下美夢有、臼井麗香、濱田茉優、テレサ・ルー(台湾)が続いている。

原英莉花は6バーディ・1ボギーの「67」をマークし、小祝さくら、吉田優利らと並ぶトータル6アンダー・9位タイでホールアウト。アマチュア最上位の岩井千怜(ちさと)も同順位で前半をプレーしている。

岩井千怜の姉・明愛(あきえ)は「73」と1つ落とし、トータル2アンダー・38位タイ。前回大会覇者の鈴木愛も1ストローク落とし、トータルイーブンパー・71位タイで2日目を終えている。

17年大会覇者のキム・ハヌル(韓国)は5バーディ・ノーボギーの「67」。今年初の60台をマークし、トータル1アンダー・56位タイと決勝進出圏内に浮上している。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

×