15歳で最年少アマ優勝を成し遂げた“黄金世代”の代表選手、勝みなみ【きょうは誰の誕生日?】

15歳で最年少アマ優勝を成し遂げた“黄金世代”の代表選手、勝みなみ【きょうは誰の誕生日?】

アマチュア優勝から8年 勝みなみが24歳を迎えた(撮影:GettyImages)

きょう7月1日は、勝みなみ24歳の誕生日。2014年にレギュラーツアーで最年少アマチュア優勝を果たした“黄金世代”の代表選手。ツアー通算6勝(アマチュア時代の勝利を含む)。ここ数年でドライバーの飛距離が伸びたこともあり、今後は米国女子ツアー挑戦を明言している。


8歳からゴルフをはじめ、12歳で「全国小学生ゴルフトーナメント決勝大会」優勝。中学3年時には「全国中学校ゴルフ選手権春季大会」を制すなど才能を発揮した。鹿児島高等学校に進学した2014年には、レギュラーツアーの「KKT杯バンテリンレディス」で史上最年少アマチュア優勝(15歳293日)を果たし、一躍注目を浴びる存在となった。

17年のプロテストに合格しプロ転向。同年、下部のステップ・アップ・ツアー「山陰合同銀行 Duoカードレディース」を制すると、18年の「大王製紙エリエールレディス」でプロとしてレギュラーツアー初優勝を挙げた。

翌19年も2勝を挙げ賞金ランキング10位。2020-21シーズンは、21年の「日本女子オープン」で、2位に6打差をつける圧勝でメジャー初優勝。賞金ランクは7位に入り、3年連続で賞金ランキングベスト10入り。

プロ転向当初はあまり考えていなかっという米女子ツアー。21年に国内メジャーを勝って複数年シードを得たことや、海外メジャーをプレーしたこと、ここ数年で飛距離が伸びたこともあって米ツアーへの関心が深まった。当面は8月8日時点での世界ランク75位以内に与えられる、米女子ツアー最終予選会の受験資格を得ることが目標。現在の世界ランクは76位。24歳となって、ここから1カ月で優勝して決めたいところだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連ニュース】