青木瀬令奈が4年ぶりV、全英出場の5名も決定 海外では小平智、川村昌弘が好調【先週の主要ツアー動向】

青木瀬令奈が4年ぶりV、全英出場の5名も決定 海外では小平智、川村昌弘が好調【先週の主要ツアー動向】

青木瀬令奈が4年ぶりツアー2勝目!(撮影:村上航)

■国内女子ツアー「宮里藍 サントリーレディスオープ」(6月10〜13日、兵庫県・六甲国際ゴルフ倶楽部、賞金総額=1億5000万円)
青木瀬令奈が最終日に「67」をマークし、稲見萌寧との4打差を逆転。トータル17アンダーで、2017年「ヨネックスレディス」以来となる4年ぶりの優勝。これで優勝賞金2700万円を獲得し、賞金ランキング18位に浮上した。


また、同大会終了後、5選手には8月19〜22日開催の海外メジャー「AIG女子オープン」(全英女子オープン、スコットランド・カーヌスティGL)出場権が与えられた。大会上位2名の資格で青木と稲見、賞金ランク上位3名の資格で、同ランク1位の小祝さくら、3位の古江彩佳、5位の原英莉花(※2位の稲見、4位の笹生優花はすでに出場権を獲得しているため)が全英切符を手に入れた。

今週は千葉県の袖ケ浦カンツリークラブ・新袖コースにて「ニチレイレディス」(18〜20日)が行われる。

■米国男子ツアー「パルメトー選手権」(6月10〜13日、サウルカロライナ州・コンガリーゴルフクラブ、賞金総額730万ドル=約8億110万円)
米国男子ツアーの新規大会は、南アフリカの22歳がツアー初優勝。最終日に「68」をマークしたガリック・ヒーゴがトータル11アンダーで優勝を決めた。

日本勢から唯一参戦していた小平智は4バーディ・2ボギーの「69」をマーク。トータル6アンダー・19位タイと、3試合連続でトップ20入りを果たした。

今週は海外メジャー「全米オープン」がトリーパインズGCで開幕。日本勢では松山英樹、星野陸也、石川遼、浅地洋佑の4名が出場。全米オープン終了後の世界ランキングで、東京五輪の出場2名が決定する。

■米国女子ツアー「LPGAメディヒール選手権」(6月10〜13日、カリフォルニア州・イク・マーセドGC、賞金総額150万ドル=約1億6456万円)
2位に2打差をつけて優勝を飾ったのは、フィンランドのマチルダ・キャストレン。最終日に「65」をマークしてトータル14アンダーで優勝。米国女子ツアーとしては初めて、フィンランドからのチャンピオンが誕生した。

日本勢では上原彩子、野村敏京、山口すず夏が参戦し、上原と野村が予選を通過。野村がトータル4オーバー・64位タイ、上原はトータル7オーバー・68位タイで大会を終えた。

今週はミシガン州・ブライズフィールドCCにて「マイヤーLPGAクラシック」が行われる。

■欧州男子ツアー「スカンジナビアミックス」(6月10〜13日、スウェーデン・バルダG&CC、賞金総額100万ユーロ=約1億3271万円)
世界初となる“ミックス”大会となったスカンジナビアミックス。男女が同じコースで1大会の優勝と賞金を争う形式で行われ、予選ラウンドは大会ホストのヘンリック・ステンソンとアニカ・ソレンスタム(ともにスウェーデン)が同組でプレーした。

大会を制したのは、最終日に「64」をマークしたジョナサン・コールドウェル(北アイルランド)。トータル17アンダーで初優勝を決めた。

また、日本から唯一出場していた川村昌弘が6連続バーディを含む、8バーディ・3ボギーの「67」をマーク。トータル11アンダー・7位タイとトップ10入りを果たした。

今週は全米オープンのため、欧州での試合はなし。次戦は24日からドイツで行われる「BMWインターナショナルオープン」となっており、金谷拓実が出場する。

<ゴルフ情報ALBA.Net>