アドリアン・メロンクがポーランド勢初の欧州ツアー優勝 比嘉一貴は最下位78位

アドリアン・メロンクがポーランド勢初の欧州ツアー優勝 比嘉一貴は最下位78位

ポーランド勢初の偉業を達成した(撮影:GettyImages)

<ホライゾン・アイルランドオープン 最終日◇3日◇マウントジュリエット・エステート(アイルランド)◇7264ヤード・パー72>

欧州男子ツアーのアイルランド決戦は、ポーランドの29歳、アドリアン・メロンクがツアー初優勝。ポーランド勢として初の欧州ツアー優勝という偉業を成し遂げた。


首位からスタートしたメロンクは1イーグル・5バーディ・1ボギーの「66」で回り、トータル20アンダーで、後続に3打差をつけて逃げ切った。2位にライアン・フォックス(ニュージーランド)、さらに1打差の3位にスリストン・ローレンス(南アフリカ)が続く。

トータル15アンダーの4位タイにデビッド・ロー(スコットランド)、ファブリツィオ・ザノッティ(パラグアイ)、ジョン・キャトリン(米国)。シェーン・ローリー(アイルランド)はトータル12アンダーの9位タイに入った。

3日目「78」のプレーで大きく後退した比嘉一貴は、最終日も2バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの「75」とスコアを落とし、最下位のトータル4オーバー・78位で終えた。

なお本大会上位3枠(有資格者を除く)に与えらえる「全英オープン」(7月14〜17日、スコットランド・セント・アンドリュース)の出場権は、いずれも4位に入ったロー、ザノッティ、キャトリンが獲得した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>