全英前哨戦 優勝最有力はジョン・ラーム、3試合ぶり参戦の松山英樹は選出されず

全英前哨戦 優勝最有力はジョン・ラーム、3試合ぶり参戦の松山英樹は選出されず

世界ランクは3位に後退したジョン・ラーム 優勝で勢いづけたい(撮影:GettyImages)

<ジェネシス・スコットランド・オープン 事前情報◇4日◇ルネッサンスクラブ(スコットランド)◇7293ヤード・パー70>

来週に控える海外メジャー「全英オープン」の前哨戦が、現地時間7日(木)からスコットランドで開催される。開幕に先立ち、PGAツアー公式サイトでは恒例の優勝予想ランキング(パワーランキング)が発表された。。


6月の「全米オープン」以来3試合ぶりの米ツアー出場となる松山英樹は選出されず。優勝最有力にはジョン・ラーム(スペイン)が推された。今季のパーオン率2位(71.76%)という高精度のショットに加え、昨年大会は7位とコースとも好相性。全英オープンでのメジャー2勝目に向けて、勢いづけたいところ。

2番手にはジャスティン・トーマス(米国)、3番手には世界ランク1位のスコッティ・シェフラー(米国)が入った。シェフラーは今年に入って4勝を挙げている好調さをみせているが、最後に優勝を手にしたのは4月の「マスターズ」。3カ月ぶりとなる勝利に期待がかかる。

以下、4番手に全米オープンでツアー初優勝を遂げたマット・フィッツパトリック(イングランド)、5番手に久々の個人Vを果たしたザンダー・シャウフェレ(米国)が続く。

世界ランクトップ20のうち、16人が参戦予定という強力なフィールド。またLIV参戦組のイアン・ポールター(イングランド)ら3人が出場できることとなり、出場人数は予定していた156名を上回ることになる。

【優勝予想ランキングトップ20】※カッコ内は世界ランク
1位:ジョン・ラーム(3)
2位:ジャスティン・トーマス(5)
3位:スコッティ・シェフラー(1)
4位:マッツ・フィッツパトリック(10)
5位:ザンダー・シャウフェレ(11)
6位:ウィル・ザラトリス(13)
7位:コリン・モリカワ(4)
8位:トミー・フリートウッド(44)
9位:サム・バーンズ(9)
10位:ジョーダン・スピース(12)
11位:パトリック・キャントレー(7)
12位:アドリアン・メロンク(64)
13位:キャメロン・スミス(6)
14位:ライアン・フォックス(46)
15位:ビクトル・ペレズ(101)

<ゴルフ情報ALBA.Net>