全英オープン決勝R前に知っておきたい 36H最少レコードに10年ぶり2度目の不名誉記録も

全英オープン決勝R前に知っておきたい 36H最少レコードに10年ぶり2度目の不名誉記録も

対照的な結果となったモリカワとマキロイ(撮影:GettyImages)

<全英オープン 2日日◇15日◇セント・アンドリュース オールドコース(スコットランド)◇7313ヤード・パー72>

「全英オープン」の予選ラウンドが終了して、いよいよきょうから決勝ラウンドが始まる。7人が出場した日本勢では、松山英樹と桂川有人が予選を突破。松山はトータル1アンダー・55位タイ、メジャー初出場の桂川はトータル5アンダー・18位から上位進出を目指す。3日目の競技が始まる前に、知っておきたい記録をまとめてみた。


トータル13アンダーで単独首位に立ったのはキャメロン・スミス(オーストラリア)。予選2日間の合計ストローク「131」は、全英オープン史上4番目に少なく、セント・アンドリュースで行われた全英オープンでは最少記録となる。

ちなみに、全英オープンでの予選ラウンドの最少ストロークは、21年大会でルイ・ウースト・ハウゼン(南アフリカ)がマークした「129」。最終的にはコリン・モリカワ(米国)に逆転されて3位に終わっている。

タイガー・ウッズ(米国)はトータル9オーバーで予選落ちしたが、22回出場した全英オープンのなかで、予選落ちは4回目。90回出場している4大メジャーでは14回目の予選落ちとなった。36ホールの「153」ストロークは、ウッズのキャリアのなかで5番目に悪いスコアで、全英オープンでは自己ワーストとなった。

首位のスミスとは3打差の3位タイにつけるローリー・マキロイ(北アイルランド)。今回勝てば、14年以来2度目の全英制覇となる。意外にも最後にメジャーに勝ったのは14年の「全米プロ」。それ以来、メジャーでは16度のトップ10を記録しているが、勝利からは遠ざかっている。8年ぶりとなるメジャー5勝目をかけて、残り36ホールに挑む。

ディフェンディングチャンピオンとして第150回記念大会に臨んだモリカワだったが、カットラインに1打及ばずトータル1オーバーで予選落ち。連覇の夢が潰えた。全英オープンで前年覇者が予選落ちするのは、12年のダレン・クラーク(北アイルランド)以来10年ぶりのことで、モリカワが2人目。不名誉な記録となってしまった。07、08年のパドレイグ・ハリントン(アイルランド)以来、全英オープンで連覇達成者はいない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>