2003年池田勇太以来の快挙 世界ジュニア15-18歳男子で本大志が優勝「最後は泣きそうに」

2003年池田勇太以来の快挙 世界ジュニア15-18歳男子で本大志が優勝「最後は泣きそうに」

5打差圧倒! 世界ジュニアを制した16歳・本大志(提供:IJGA)

<IMGA世界ジュニア選手権 最終日◇15日◇米国カリフォルニア州・サンディエゴ周辺9コース>

ジュニアゴルファーの世界一を決める「IMGA世界ジュニア選手権」が最終日を終えた。大会は男女世代別に6部門に分かれて、トーリー・パインズGCをはじめ、サンディエゴ(米国カリフォルニア州)周辺の9コースで行われた。


トーリー・パインズGCサウスC(7184ヤード・パー72)で行われた15-18歳男子の部では、本大志(目黒日大高2年)が、トータル11アンダーで2位に5打差をつけて優勝。このカテゴリーでは2003年に池田勇太が優勝して以来となる日本人選手の制覇だった。

「やり切ったという感じです。最後は泣きそうになりました」と、本は優勝が決まった瞬間を振り返った。

7-8歳の部から世界ジュニアに参戦した本は、今回は3回目の出場で「世界の上手い人がたくさん集まる大会で、運、正確性、マネジメント、練習量の全部がそろわないと勝てない。そんな試合で優勝できました」と、自分自身に納得がいく勝利だったことを話した。

15-18歳女子の部では成田瑛麻(えま、学習院女子高3年)が、この日1アンダーで踏ん張り、トータル6アンダーで7位入賞となった。「初出場だったので、7位には驚きと悔しさがあります」と、成田。この日はショットにムラがあった。いいときはピンに絡んだが、ティショットが乱れて簡単にボギーにしてしまうシーンもあり、「スコアに起伏がありすぎました」と振り返った。

前日に最終日を迎えた13-14歳の部以下のカテゴリーでは、PGM日本代表選手団からふたりの世界チャンピオンが生まれた。13-14歳女子で根田うの(大曲中2年)がトータル10アンダーで2打差2位から逆転優勝。9-10歳男子ではトータル7アンダーで並んだ3人のプレーオフに小澤優二(府中第二小5年)が臨み、2ホール目でバーディを奪って優勝を遂げている。

【日本代表選手・最終成績】
■15-18歳の部男子(パー72)
1位:本大志(東京・目黒日本大学高2年)=277
21位:竹原佳吾(東京・早稲田大学1年)=292
37位:今村吏桜(大阪・東大阪大学柏原高1年)=297

■15-18歳の部女子(パー72)
7位:成田瑛麻(東京・学習院女子高等科3年)=282
33位:清本美波(愛知・誉高2年)=291

■13-14歳の部男子(パー71)
2位:長崎煌心(宮崎・日章学園中3年)=206
8位:外岩戸晟士(鹿児島・志布志中3年)=210
19位:粟野泰成(茨城・国府中3年)=212
71位:渋井晃太郎(神奈川・永田中3年)=223

■13-14歳の部女子(パー73)
1位:根田うの(北海道・大曲中2年)=209
4位:中山凜花(愛知・守山北中2年)=219
13位:仲村梓(沖縄・沖縄東中3年)=224
57位:小宮千愛(愛知・南山学園聖霊中3年)=237

■11-12歳の部男子(パー72)
2位:根本悠誠(千葉・加茂学園中1年)=203
3位:石口寛樹(奈良・大正中1年)=205

■11-12歳の部女子(パー72)
7位:仁科優花(千葉・白井中1年)=215
10位:福崎凛々(大阪・日根野中1年)=219
15位:重原純奈(千葉・幸小5年)=222

■9-10の部男子(パー72)
1位:小澤優仁(東京・府中第二小5年)=209
7位:福井誠ノ介(愛知・兵庫小4年)=215
18位:稲葉輝海(東京・青梅第三小4年)=221

■9-10歳の部女子(パー74)
2位:本村彩歌(兵庫・小浜小4年)=202
5位:寺町美友海(愛知・豊山小5年)=207
9位:道上稀唯(兵庫・渦が森小4年)=210

■7-8歳の部男子(パー74)
3位:吉松優馬(兵庫・塩屋北小2年)=214
20位:近藤大河(神奈川・下小田中小2年)=233
22位:園和真(佐賀・鳥栖北小3年)=234

■7-8歳の部女子(パー58)
2位:高橋なつ希(東京・入新井第五小3年)=173
4位:安藤すみれ(岡山・横井小3年)=174
13位:粥川愛莉(愛知・伊保小2年)=191
20位:中嶋雪音(兵庫・宝塚第一小3年)=198

■6歳以下の部男子(パー65)
3位:山田光之助(沖縄・嘉芸小1年)=195

■6歳以下の部女子(パー65)
4位:南愛美(千葉・千葉日本大学第一小1年)=197

<ゴルフ情報ALBA.Net>