<速報>松山英樹は4パットのトリから2バーディで盛り返し 通算1オーバーで後半へ

<速報>松山英樹は4パットのトリから2バーディで盛り返し 通算1オーバーで後半へ

デシャンボーとともにスタートした一日だが前半には大ピンチも(撮影:福田文平)

<全英オープン 3日目◇16日◇セント・アンドリュース オールドコース(スコットランド)◇7313ヤード・パー72>

現在第3ラウンドが進行中。トータル1アンダーからスタートした松山英樹が、さきほどハーフターンを迎えた。


ブライソン・デシャンボー(米国)と2人で回るラウンドで、最初に来たのはボギーだった。4番パー4の2打目をグリーン奥にこぼし、17メートル残った3打目をパターで2メートルに寄せたがパーパットを外した。

さらに苦しんだのが6番パー4。ドライバーで打ったティショットが右のブッシュに入りアンプレヤブルすると、3打目はグリーンに乗せたものの15メートル以上残ってしまう。パーパットをショートすると、そこから3打を要し、3オン4パットのトリプルボギーを叩いてしまった。それでも7番パー4で2打目を1メートルにつけ初バーディ。さらに9番でも1つ取り戻し、トータル1オーバーで折り返した。

トータル5アンダーで決勝ラウンドに進出した桂川有人は、日本時間午後10時20分にエイブラハム・アンサー(メキシコ)との同組でスタートする。

トータル13アンダー・単独首位にキャメロン・スミス(オーストラリア)。2打差2位にキャメロン・ヤング(米国)、3打差3位タイにはローリー・マキロイ(北アイルランド)、ビクトル・ホブラン(ノルウェー)が続いている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>