ノルウェー勢初の快挙ならず…ビクトル・ホブランは伸ばせず「難しかった」

ノルウェー勢初の快挙ならず…ビクトル・ホブランは伸ばせず「難しかった」

ホブランは聖地に苦い思い出を残し4日間の戦いを終えることになった(撮影:福田文平)

<全英オープン 最終日◇17日◇セント・アンドリュース オールドコース(スコットランド)◇7313ヤード・パー72>

悲願達成とはならなかった。トータル12アンダーの首位で最終日を迎えたビクトル・ホブラン(ノルウェー)は、スコアを落として4位タイ。聖地での戦いは苦い思い出となった。


最終組で一緒に回ったローリー・マキロイ(北アイルランド)、そして一組前をプレーするキャメロン・スミス(オーストラリア)とキャメロン・ヤング(米国)がスコアを伸ばしあうなか、ホブランは2オーバーの「74」。4打差あったスミスとの差はすぐに埋められ、トータル14アンダーで悲願はならなかった。

激しい攻防戦になるかと思われた一日だったが、4番パー4で20メートルから3パットのボギーが先行すると、そのあとはなかなかバーディが来ない。「(出だし)5ホールで1オーバーはいい状態とは言えないよ。ピン位置がタフで、近づけることは難しかった」と、チャンスを生み出すことができずに、スコアは停滞する。

耐えて、耐えて、12番パー4でフェアウェイからの残り48ヤードを1メートルにつけてやっとバーディを獲ったが、13番ですぐさまボギー。16番でもスコアを落とし、2つ目のバーディすら獲ることができないままホールアウトを迎える。伸ばし合いについていくどころか、ひとりだけスコアを落としてしまった。

ホブランが優勝すれば、ノルウェー勢が初めて“クラレット・ジャグ”を掲げるという歴史的快挙だった。地元勢のマキロイに負けないほどの大声援に囲まれながらコースへと飛び出したが、「序盤は終盤に比べてかなり騒がしかった…」というようにビクターコールは徐々に小さくなってしまった。

20年の「プエルトリコ・オープン」でノルウェー勢初のツアー初Vを遂げると、すでに優勝回数は3回。19年にプロ転向したばかりの24歳は、世界ランキング9位(自己最高位は3位)にまで上り詰めている。

「とてもクールだった。きのうもきょうもいい経験になったよ。これからもっと良くなっていけると思う」。ノルウェーの新生は疲れ切った表情でインタビューに答えると、最後は「間違いなくチャンピオンにふさわしいよ」と勝者スミスを称えた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>