斉藤愛璃がミツウロコと所属契約を締結 向かう先は“すてきな未来”!

斉藤愛璃がミツウロコと所属契約を締結 向かう先は“すてきな未来”!

キャディバックには「AIRI SAITOH」の上に所属先となった「Mitsuuroko」の社名ロゴ(写真提供:株式会社ミツウロコグループホールディンクス)

19日、株式会社ミツウロコグループホールディングスが斉藤愛璃と所属契約を結んだことを発表した。


株式会社ミツウロコグループホールディングスは、エネルギー事業や電力事業、『ハマボール』などの商業施設、ミネラルウォーターを中心とした清涼飲料水の製造や販売を手がける企業グループ。神奈川県と強いつながりを持つ同社は、ジュニア時代から神奈川県を拠点に活躍していた斉藤の挑戦を続ける姿勢に共感し、その夢を応援することになった。

斉藤は神奈川県厚木市出身の32歳。今年でプロ11年目を迎える。名門・厚木北高校卒業後は地元神奈川県のゴルフ場でキャディとして働きながら、3度目のプロテストで合格。12年には開幕戦の「ダイキンオーキッドレディス」でツアー初優勝を成し遂げた。現在は下部のステップ・アップ・ツアーを主戦場とし、レギュラーツアー出場を目指している。

今年の同社のTVCMのテーマは「ミツウロコトレイン」。ちびまる子ちゃんが乗る電車には「みらい」と書かれており、最後に目的地は「すてきな未来」へと変わる。斉藤もこの契約をきっかけに“すてきな未来”に向かって道を切り拓いていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>