PGAツアー3勝のロバート・ガメスがわいせつ行為で逮捕

PGAツアー3勝のロバート・ガメスがわいせつ行為で逮捕

軽犯罪で逮捕されたロバート・ガメス(撮影:GettyImages)

米フロリダ州オーランド、自身がPGAツアーで勝利したベイヒルGCのほど近くでロバート・ガメス(米国)、54歳が逮捕された。同州オレンジカウンティ郡の裁判所記録から公開された情報で、地元紙など複数の米メディアが伝えている。


事件は先週土曜日の夜、ベイヒルエリアでのあるホームパーティーのプールで起きた。通報を受けて警察が駆けつけたときにはすでにガメスはプールサイドに横たわっており、すぐに近くの病院に搬送されたという。

ガメスが倒れていた理由は、ガメスが被害者となった女性をつかんでプールに入るように誘い、キスを始めたことにある。それを見ていた別の男性が止めに入って、ガメスの首をつかんでプールサイドに倒したとリポートは伝えている。被害者女性はガメス、あるいは他のプロゴルファーと交際などの事実はないと確認されている。ガメスは泥酔していたされ「まったくなにも覚えていない」という。

日曜の朝に退院したガメスはすぐに逮捕され、オレンジカウンティ郡拘置所に勾留されたが、同日の夕方に釈放された。

ガメスは1990年、「ノーザンテレコム・ツーソンオープン」でツアー初勝利。ベイヒルGCで開催された同年の「ネッスル・インビテーショナル」(現在のアーノルド・パーマー招待)では、最終日の18番パー4で7番アイアンでのセカンドショットをカップインさせてイーグルを奪い、現在LIVゴルフのCEOを務めるグレッグ・ノーマン(オーストラリア)を1打差で逆転し優勝を果たした。2005年に「バレロ・テキサス・オープン」でツアー通算3勝目を挙げた。(文・武川玲子=米国在住)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連ニュース】