トランプ前米大統領が観戦するなか、ステンソン&リードが首位T発進 前回1億円獲得の香妻陣一朗は10位【LIVゴルフ】

トランプ前米大統領が観戦するなか、ステンソン&リードが首位T発進 前回1億円獲得の香妻陣一朗は10位【LIVゴルフ】

会場に訪れたトランプ前米大統領がデシャンボーと握手を交わす

<LIVゴルフ第3戦 at ベッドミンスター 初日◇29日◇トランプ・ナショナルGC(米ニュージャージー州)>

LIVゴルフは今年行われる全8試合の第3戦が開幕した。今回の舞台は17年に「全米女子オープン」が行われた米ニュージャージー州のトランプ・ナショナルGC。コースを所有するドナルド・トランプ前米国大統領が観戦するなか第1ラウンドが行われ、16年全英オープン覇者のヘンリック・ステンソン(スウェーデン)と、18年マスターズ覇者のパトリック・リード(米国)が7アンダーでトップに立った。


2打差の5アンダー・2位にパチャラ・コンワットマイ(タイ)、4アンダー・4位タイでダスティン・ジョンソン(米国)とカルロス・オルティス(メキシコ)が続いている。

そのほかの選手では、ブルックス・ケプカ(米国)が3アンダー・6位タイと好スタート。ブライソン・デシャンボー(米国)はイーブンパー・25位タイ、フィル・ミケルソンは4オーバー・43位タイとなっている。

日本勢では、前回大会で単独6位に入り賞金80万ドル(約1億円)を獲得した香妻陣一朗が2アンダー・10位タイ、稲森佑貴が1アンダー・15位タイ、木下稜介がイーブンパー・25位タイ、谷原秀人が4オーバー・43位タイで発進した。

なお、団体戦で日本勢4人がチームを組む『トルクGC』は、初日を終えてトップと8打差の3アンダー・6位タイと出遅れる形となった。LIVゴルフは3日間54ホールの競技となっており、残り2日間での日本チームの挽回が期待される。

<ゴルフ情報ALBA.Net>