大逆転進出に望み 滑り込み出場のリッキー・ファウラーが“新パター”で「65」

大逆転進出に望み 滑り込み出場のリッキー・ファウラーが“新パター”で「65」

新パター片手に65をマーク(撮影:GettyImages)

<フェデックス・セントジュード招待 初日◇11日◇TPCサウスウインド(米テネシー州)◇7243ヤード・パー70>

フェデックスポイントランキング125位までの選手しか出場できないプレーオフシリーズ初戦。LIVゴルフに出場した選手がランキングから除外されたため125位に繰り上がり、ギリギリで出場権をつかんだリッキー・ファウラー(米国)が「65」を叩き出して、5アンダーの8位タイと好発進を決めた。


「先週の時点ではここに立っているか、家でゆっくりしているか分からなかった」とファウラー。「ここでティオフできたことを生かせたというか、いいスタートを切れたことは幸運に思うよ」と笑みをのぞかせる。

好スタートには新パターがハマったことが大きい。「ここ1、2年の最大の問題のひとつは、自分が慣れ親しんできた、できると分かっているようなパッティングができないこと」とグリーン上の不振がスランプに直結していた。「至るところに原因があるけど、ラインを読めていないことも大きい。そして、読みを信頼していないからスピ―ドが落ちてしまっている」。今季に入ってから何本ものパターを試しているが、しっくり来ていなかった。

それがこの日投入したスコッティキャメロンの「ニューポート・プラスと呼ばれている」パターがハマった。「見た目も感触も良い。本当に良いパットがたくさんあった」。この日のパッティングのスコアに対する貢献度を示す数字「ストロークスゲインド・パッティング」は0.106。パッティングもしっかりとスコアにつながった。

プレーオフ2戦目に出場するためには、フェデックスポイントランキング70位以内に入る必要がある。ファウラーは現在323.797ポイント。70位のトレイ・マリナクス(米国)は589.859ポイントで、初戦は優勝が2000ポイント、2位は1200ポイントと高配当だが、決して簡単ではない。さらに最終戦は30位以内となるため、そこに進むためには今大会で大きく稼いでおく必要がある。それでもようやく見つかったパターが可能性を大きく広げたのは言うまでもない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>