「インターナショナルシリーズ・シンガポール」はN・ティポンが逆転勝利 久常涼と木下稜介はトップテン入り

「インターナショナルシリーズ・シンガポール」はN・ティポンが逆転勝利 久常涼と木下稜介はトップテン入り

逆転で今季2勝目を飾ったニティトン・ティポン(提供:Asian Tour)

<インターナショナルシリーズ・シンガポール 最終日◇14日◇タナメラCC タンピネスC(シンガポール)◇7535ヤード・パー72>

シンガポールのタナメラCCタンピネスCで行われていたアジアンツアー「インターナショナルシリーズ・シンガポール」は、14日に4日間の全日程を終了。首位と1打差の3位タイで最終日に臨んだニティトン・ティポン(タイ)が、3バーディ・ボギーなしの「69」と堅実にスコアをまとめ、逆転優勝を飾った。前日首位のパチャラ・コンワットマイ(タイ)とガビン・グリーン(マレーシア)は競り負け、リチャード・T・リー(カナダ)とともに2位タイ。


予選を通過した日本勢では、久常涼と木下稜介が7位タイ。稲森佑貴は21位、香妻陣一朗は67位タイにそれぞれ終わった。

また、LIVゴルフ移籍により今大会に出場していたパトリック・リード(米国)は、31位タイとふるわなかった。

次週のアジアンツアーもインターナショナルシリーズで、舞台を韓国に移す。

<ゴルフ情報ALBA.Net>