荒木優奈が逆転優勝 菅楓華との“同級生対決”制す【日本ジュニア・女子の部】

荒木優奈が逆転優勝 菅楓華との“同級生対決”制す【日本ジュニア・女子の部】

同級生とのプレーオフを制した荒木優奈(提供:JGA)

<日本ジュニアゴルフ選手権 女子15歳〜17歳の部 最終日◇19日◇霞ヶ関カンツリー倶楽部 東コース(埼玉県)◇6591・ヤード・パー71>

五輪開催地での女子ジュニア日本一決定戦は、最終ラウンドが終了した。ともに日章学園高校2年の荒木優奈と菅楓華(すが・ふうか)がトータル4アンダー・首位でフィニッシュ。プレーオフ1ホール目で菅を下した荒木が女子ジュニア日本一の称号を獲得した。


トータル3アンダー・3位に中村心(ECC学園高2年)。トータル1アンダー・4位タイには松原柊亜(日本ウェルネス高1年)ら6人が入った。

JGAナショナルチームの手塚彩馨(佐久長聖高2年)はトータルイーブンパー・10位タイ。先週の「全国高等学校ゴルフ選手権・個人の部」を制した上田澪空(共立女子第二高2年)はトータル2オーバー・16位タイで3日間を終えた。

同日程で行われた女子12〜14歳の部(東京GC・埼玉県)では、長澤愛羅(鰍沢中3年)がトータル9アンダーまで伸ばし、後続に7打差をつけて完全優勝を果たした。

■荒木優奈 優勝コメント
「プレーオフが始まる前にちょっと(菅と)話をしました。びっくりというか。(ナショナルチームに入って)今までは感覚でやったり、無理矢理攻めていたんですけど、次をどこから打つのか。考え方とかコースマネージメントが勉強になりました。今月末に日本女子オープンの最終予選があるので、まずはそこを通過することが目標。来年はプロテストに合格して、将来は賞金女王になりたいです」

■長澤愛羅 優勝コメント
「この前の関東ジュニアで他の人のスコアを気にしすぎて3日目に崩しちゃったので、とにかく自分のことだけを気にしながらやっていました。3年生で最後なので、優勝をすごく目指していた。本当にうれしい気持ちでいっぱいです。ナショナルチームに入ることを目標にしているので、そこからプロになって、みんなから愛される選手になりたいです」

<ゴルフ情報ALBA.Net>