大西魁斗が振り返る“プロ生活1年目” はじまりの地で初V狙う戦い「1年経ったんだな」

大西魁斗が振り返る“プロ生活1年目” はじまりの地で初V狙う戦い「1年経ったんだな」

大西魁斗がツアー初優勝に向け快調にスコアを伸ばした(撮影:佐々木啓)

<長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップ 2日目◇19日◇ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(北海道)◇7178ヤード・パー72>

今季10戦中7戦でトップ10入り。優勝争いに何度も顔を出している大西魁斗が7バーディ・2ボギーの「67」で回り、首位と3打差の5位タイに浮上。初優勝に向けて、いい形で決勝ラウンドに進出する。


米国育ちの大西は昨年から国内ツアーで戦っているが、今季が実質のルーキーイヤーで現在の賞金ランキングは9位。歓喜の時は確実に近づいているが、今回も優勝戦線に名乗りを上げる活躍を見せている。

「全体的にスコアはよかったですけど、ショットは一番いいときと比べるとまだまだ。ミスがあまりなかったので、そこはよかったです。残り2日間、パットが入るともっといいスコアがでるんじゃないかなと思います」。さらなる浮上のカギは、グリーン上でのパフォーマンスだと話す。

今季の部門別数字を見ると、大西のストロングポイントはパッティング。平均パット数はここまで堂々の1位だ。ティショットの数字は芳しくないが、パーオン率は9位、そしてバーディ率が2位と、グリーンが近づくほどにアグレッシブさが目立つ。

この日は風が強く吹くコンディションの中、「今シーズンはアイアンの球が低めなので、風の中で距離を合わせやすい」と、7バーディを奪う猛攻で首位を追った。

米国から帰国後、プロとしてはじめて4日間を戦ったのが昨年のこの大会。「僕はこの試合がツアーの始まりだったので、ここに帰ってきてやっと丸々1年経ったんだという感じです」と感慨深げに語る。そして、そのあいだには急成長を遂げ、今では男子ツアーの中核を担う存在になりつつある。

そんな1年間は「長かった気がします」。シード権獲得を目指してひた走り、いまでは初優勝が期待される筆頭格になった。「今日と同じようなプレーができればいいと思います」と冷静に前を見る姿勢はいつもと変わらず。このチャンスをものにし、北の大地で逆輸入プロの存在感を示す。

<ゴルフ情報ALBA.Net>