プロの試合に初出場のシブコ妹はいい経験が盛りだくさん サイン攻めにも“渋野暉璃子”から“きり子”へ

プロの試合に初出場のシブコ妹はいい経験が盛りだくさん サイン攻めにも“渋野暉璃子”から“きり子”へ

すべてがいい経験!(撮影:ALBA)

<シモーネ・アジアパシフィックカップ 2日目◇19日◇ポンドック・インダGC(インドネシア)◇6806ヤード・パー72>

16カ国44人が出場する「シモーネ・アジアパシフィックカップ」。渋野日向子とペアを組んでいる妹の暉璃子(きりこ)さんは、明治大学ゴルフ部で活躍するアマチュア。大学卒業後はプロテスト合格を目指すプロ志望であることから「いい経験になる」と思って出場を決意した。


初めてのプロの試合、初めての海外の試合。プロをしのぐ飛距離でギャラリーを魅了して初日の「75」。姉も合格点を出す内容だった。2日目は初日よりショットの精度が落ちたことで「78」とスコアを崩し、トータル9オーバー・30位タイと順位を下げた。7人出場するアマチュアの中でも4番目だ。

普段、戦うアマチュアの試合と総距離が異なり、6800ヤードを超える。国内の競技ではドライバーで打ったら2打目はウェッジというのも少なくないが、プロでも距離が長いというここでは、2打目で長い番手を使うことになる。グリーンも速く、粘っこいラフも試合用に伸ばされてとてもタフなセッティング。1打1打が暉璃子さんの“経験”になっている。

この日同組で回ったマレーシアのオーン・ナターシャは2001年9月生まれ。日本式の学年でいえば暉璃子さんの1学年上になる。ナターシャはこの日「70」で回り、暉璃子さんをアウトドライブするドライバーショットも見せた。

同世代の外国人選手と回るのは国際試合ならでは。「それは刺激になります。年が近いと負けないようにがんばろうってなりますよね。もっと飛ばしたいです」。ジャカルタに来て得た新たな経験となった。

ジャカルタは日本人が多く在住する地域で、渋野姉妹ペアの組には大勢のギャラリーが声援を送った。ホールアウト後は、姉の日向子にはサイン待ちに長蛇の列。日本人を中心に、めったに列に並ばないというインドネシア人ら300人以上がサインを求めた。

姉ほどではないが初日から暉璃子さんにサインを求める人も後を絶たない。「こんなにサインをしたのは初めてです」とこちらも初体験。キャップやウエア、携帯電話ケース、中には白いお皿を差し出す人も。「サインは考えたことないです」と初日は丁寧に“渋野暉璃子”と書いていた。「大勢の人にサインするのって大変ですね」と2日目には“きり子”に変えて大勢の人のサインに応えた。こちらもいい経験になっているようだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>