原英莉花は連続トップ10も… V逸3戦に「自分の強い気持ちとプレーが反する」

原英莉花は連続トップ10も… V逸3戦に「自分の強い気持ちとプレーが反する」

原英莉花はビッグトーナメントで念願の今季初優勝へ(撮影:佐々木啓)

<日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 事前情報◇6日◇城陽カントリー倶楽部(京都府)◇6555ヤード・パー72>

直近3戦はすべてトップ10。原英莉花が昨年11月の「大王製紙エリエールレディス」以来の優勝に向けて好調をキープしている。ところが、この状況には自身でも疑問符がついているという。


「私はずっと“永遠に不調”というイメージ。久しぶりに好調が続いていて、なかなか勝てないというのは、自分的には珍しい」。詳しく説明すると、「私はパッとひらめいた瞬間があって、そこでいい勝負ができる」というのが、いままでの原のピーク時の自己分析だ。

そのためか、最終ラウンドを首位でスタートしながら失速した「ニトリレディス」を含め、「最終日に伸ばせていないという自分の強い気持ちとプレーが反する。もっと何を考えたら自分の流れに乗っていけるのか」と最終日の逃げ切り、追い上げ、とにかく勝ち切るためには何が必要かを考えないといけない、というのが結論だ。

当然、強い気持ちは持ち続けている。そんななか、師匠のジャンボこと尾崎将司にも相談をもちかけた。「力が入っちゃうんです」(原)、「そんなの当たり前だろ!ユルユルやっているよりはいい!」(ジャンボ)と喝を入れられた。「力が入ることに勝る調子の良さ、自分を信じる気持ち、運を引き寄せられる気持ちの持って行きようができたら」と、最後の締めで勝利をつかむための道筋を探っている。

そんな状況ではあるが、今週は2020年の「日本女子オープン」、「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」に続く国内メジャー3冠目がかかる一戦。「大きいタイトルを前にして気持ちも高まっているので、強い気持ちを持って戦いたい」と、より気持ちが入っているのは確かだ。

「55回も(やっている)日本一の女子プロゴルファーを決める試合で、すごく価値のある試合だと思います」と記念大会となる第55回目の女王を目指す。今度こそ、最終日に輝くために。強い気持ちを形にするための解決策を見いだし、メジャー3勝目を貪欲に狙って行く。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

  • 記事にコメントを書いてみませんか?