ラームもホーシェルも怒り! 「LIV組のせいで出られない選手がいる」

ラームもホーシェルも怒り! 「LIV組のせいで出られない選手がいる」

ジョン・ラームが“LIV襲来”に怒り心頭(撮影:GettyImages)

今週はDPワールドツアー(欧州ツアー)のフラッグシップ大会「BMW・PGA選手権」がロンドン郊外のウエントワースGCで8日(木)に開幕するが、同大会には「LIVゴルフ」に少なくとも1試合は出場した選手が18人参戦する。


同大会には「世界ランキング60位内」という出場資格があり、それによってLIV組がこぞってフィールドに組み込まれた。イアン・ポールター(英国)、セルヒオ・ガルシア(スペイン)を筆頭に、エイブラハム・アンサー(メキシコ)、テイラー・グーチ、パトリック・リード(米国)、そして2020年のレース・オブ・ドバイの勝者、リー・ウェストウッド(イングランド)も参戦する。

欧州と米PGAツアーの両方でプレーするジョン・ラーム(スペイン)は、開幕2日前の会見で大きな「いら立ち」をみせた。理由はラームの友人であるアルフレッド・ガルシア-ヘレディア(スペイン)がLIV組に“押し出され”、今大会に出場できないからだ。アルフレッドはポイントレースで134位。120位までのシード権を目指して戦っている。

「アルフレッドは今季20大会のDPワールドツアーに出場して、必死で戦っている。それなのにフラッグシップ大会に出場できない。それはLIV組がなだれ込んできたからだ」と怒りをあらわにした。

LIV組がDPワールドツアーに参戦するには理由がある。現在出場しているLIVゴルフでは世界ランキングのポイントが得られない。したがって、どんどんとランキングは下降する一方だ。このままだと来年のメジャーへの出場資格に大きな影響が出る。

「彼らは大会の歴史もなにも知らない。とにかくポイントを得るためだけにここに来た」と、ラームの怒りはおさまらなかった。

同じように怒ったのはビリー・ホーシェル(米国)だ。「彼らの中には、過去にこの大会に出場したことなど一度もない選手がいる。アンサー、グーチ…。この大会をサポートしない選手はここにいるべきじゃない」とばっさり。「彼らの中にはLIVゴルフへ行く理由は『試合数が少ないから』と言った。『家族と過ごしたい』とも。まったくの『偽善』だ」。

LIV組のマーティン・カイマー(ドイツ)は前週に今大会を欠場することを決断した。「自分が歓迎されないところに行く必要はないと思った。彼らはそうとは言わないが…(それは明らかだ)」。

しかし、このLIV組の参戦はラームにモチベーションを与えたようだ。「LIV組は18人。中には今週良いプレーをする選手がいるかもしれない。僕がそれよりも良いプレーができることを願う」と貪欲に勝利を目指す。(文・武川玲子=米国在住)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

  • 記事にコメントを書いてみませんか?