「実力の差をすごく感じた」 国内1位・比嘉一貴が肌で感じた米3勝シウーとの差

「実力の差をすごく感じた」 国内1位・比嘉一貴が肌で感じた米3勝シウーとの差

比嘉一貴(左)も脱帽 米ツアー3勝キム・シウーの技に圧倒された(撮影:上山敬太)

<Shinhan Donghae Open 3日目◇10日◇KOMAカントリークラブ(奈良県)◇7065ヤード・パー71>

首位と1打差の2位から出た今季2勝の比嘉一貴は、3バーディ・2ボギーの「70」と伸び悩んだ。木下稜介とともに日本勢最上位ではあるが、トータル14アンダー・5位タイに後退し、首位との差は5打に広がってしまった。最終18番でのバーディ締めを最終日につなげたい。


今季国内賞金ランキング1位の比嘉は、出だしからつまずいた。1番、2番とバーディが欲しいホールをパーで終える。「どちからで(バーディパットが)入ってくれれば流れをつかめた。昨日できたことができなくて、チャンスを作れなかったので、その辺はボロが出ました」と肩を落とした。

前日は、米ツアー通算3勝のキム・シウー(韓国)と同組で回れることを楽しみにしていたが、実力の差を見せつけられた。シウーも比嘉と同じく前半は1オーバーだったが、「(前半は)似た内容でも1つのバーディをきっかけに連続バーディにしたり、グリーンを外しても後処理がすごくうまくて、PGAツアーでやっている選手との実力の差をすごく感じました」と刺激を受ける。

シウーは、11番のバーディをきっかけに4連続バーディを奪うなど、後半5つ伸ばして「67」。首位と3打差の2位と上位をキープした。シウーはこの日を振り返ると「全体的に思い通りのショットではなかった。ショットのことを考えるより、スコアを考えながらプレーした」と話したが、後半11番以降はグリーンを外したホールも含めて、すべて1パットで切り抜けた。

比嘉は苦しい一日ながらも、最終18番をバーディで締めた。「首の皮一枚つながった。ワンチャンス残ったと前向きにとらえたい。チャンスを一つも逃さないように、積極的なプレーが必要。アグレッシブな気持ちをでいけばいいと思う」。賞金王レーストップを走る男が、意地を見せるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連ニュース】

  • 記事にコメントを書いてみませんか?