比嘉一貴が5打差逆転で今季3勝目 ルーキー・河本力は5位

比嘉一貴が5打差逆転で今季3勝目 ルーキー・河本力は5位

大逆転で今季3勝目を果たした比嘉一貴(撮影:上山敬太)

<Shinhan Donghae Open 最終日◇11日◇KOMAカントリークラブ(奈良県)◇7065ヤード・パー71>

日本、アジア、韓国の3ツアー共同主管大会は最終ラウンドが終了した。首位と5打差で出た比嘉一貴が7バーディ・1ボギーの「65」をマーク。トータル20アンダーで逆転し、今季3勝目(通算5勝目)を果たした。


単独トップで出たティラワット・ケーオシリバンディット(タイ)は3番パー5でアルバトロスを達成したが、出入りが激しく「72」。ジャスティン・シン(カナダ)、チョ・ミンギュ(韓国)と並ぶトータル18アンダー・2位タイに終わった。

トータル17アンダー・5位タイにはルーキー・河本力、ジェイブ・クルーガー(南アフリカ)、キム・テフン(韓国)が入った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

  • 記事にコメントを書いてみませんか?