「ゴルフは精神状態が大事」 ルーキー・河本力、前週の反省を生かしてトップ5入り

「ゴルフは精神状態が大事」 ルーキー・河本力、前週の反省を生かしてトップ5入り

伸びしろ十分 大型ルーキー・河本力の今後にますます注目だ(撮影:上山敬太)

<Shinhan Donghae Open 最終日◇11日◇KOMAカントリークラブ(奈良県)◇7065ヤード・パー71>

プロ転向後、初めてとなる海外ツアーとの共同主管大会でも“攻撃力”を発揮した。2週前に国内ツアー初優勝を遂げたルーキーの河本力は、この日6バーディ・ボギーなしの「65」をマークしてトータル17アンダー・5位タイで4日間を終えた。4日間のバーディ以上の数は25個で出場選手中1位だった。


「4日間で16アンダーを目標にしていたので、そこをクリアできたのは褒めてあげたい」と納得の表情を見せたが、同時に悔しさもにじませる。「朝からいい状態でゴルフができていましたが、グリーン上でのパターの取りこぼしが数回ありました。読み切れていない」。10番パー4で1メートルのバーディパットを外すなど、ショートパットを外しシーンが目立ち、余力を残す形となった。

日本、韓国、アジアの3ツアー共同主管大会。「聞こえてくる会話も違いますし、雰囲気が全然違いましたね。日本の選手に比べるとドライバーを持つイメージが多いので、アグレッシブさを感じました」。決勝ラウンドの2日間はいずれも外国勢とのラウンドで、言葉や攻め方の違いを感じながらも、「雰囲気にのまれたりすることなく、自分のプレーに集中することができました」と気後れせずに攻めて“バーディ王”。ポテンシャルの高さをあらためて示した。

初優勝を遂げた翌週は「80」を叩いて予選落ちだったが、今週はその反省を生かした。「(この3週間は)間違いなくゴルフの状態は悪くない。プレーする時の気持ちだったり、ゴルフは精神状態が大事だなと気づかされる3週間でした」と振り返る。

今大会前は気持ちが前のめりにならないことをテーマに掲げた。「今日、節々のパターが入っていたら、ひと皮むけたと言えるのですが…。決めきれないあたりは、まだまだだなという感じです」。平均飛距離320ヤード超の河本はまだまだ成長途中だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

  • 記事にコメントを書いてみませんか?