大堀裕次郎が7年ぶり下部ツアーVに王手 石川航、丸山奬王らは予選落ち

大堀裕次郎が7年ぶり下部ツアーVに王手 石川航、丸山奬王らは予選落ち

7年ぶりの勝利に王手をかけた大堀裕次郎(提供:JGTO)

<PGM Challenge 2日目◇15日◇中峰ゴルフ倶楽部(新潟県)◇7023ヤード・パー72>

国内男子下部のABEMAツアーは第2ラウンドが終了した。大堀裕次郎が8バーディ・ボギーなしの「64」をマークし、トータル13アンダー・単独首位に浮上。2015年の「富士ホームサービス チャレンジカップ」以来となるツアー2勝目に王手をかけた。


トータル11アンダー・2位に石原航輝。トータル10アンダー・3位タイには呉司聡、森本雄が続いた。

石川遼の弟・航は「71」と1つ伸ばすにとどまり、トータル1オーバー・79位タイで予選落ち。丸山茂樹の長男・奬王(ショーン)はトータル4オーバー・115位タイに沈み、2日間で姿を消した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連ニュース】

  • 記事にコメントを書いてみませんか?