18度のUTに4Iも 馬場咲希のクラブセッティングは「女子プロの中でもほぼ一番のハードスペック」【ツアー担当に聞く】

18度のUTに4Iも 馬場咲希のクラブセッティングは「女子プロの中でもほぼ一番のハードスペック」【ツアー担当に聞く】

住友生命Vitalityレディス 東海クラシックで撮影した馬場咲希のクラブセッティング(撮影:鈴木祥)

<住友生命Vitalityレディス 東海クラシック 初日◇16日◇新南愛知カントリークラブ美浜コース(愛知県)◇6502ヤード・パー72>

「全米女子アマ」に勝った脅威の17歳、馬場咲希(代々木高2年)のクラブセッティングを見てみると、ウッド系はドライバーと3番ウッドに、ロフト18度のユーティリティ、アイアンは4番からと男子のような組み合わせとなっている。かつて宮里藍をサポートしていたブリヂストンのツアー担当・中原創一郎氏に、馬場のクラブの特徴を聞いた。


「女子プロの中でもほぼ一番といっていいほどのハードスペックで、うちの選手でいうと渡邉彩香プロのセッティングとよく似ていますね」。渡邉は今年の「ほけんの窓口レディース」を制しているが、ウッドは1、3、5番の3本で、アイアンは4番からという共通点がある。

ドライバーは『B1リミテッド』。「ハードヒッター向けで、操作性がいいのが特徴。ディープフェースで小ぶりです」と、ベテランの男子プロが好みそうなモデルを使っている。シャフトは男子ツアーで使用者の多い『ベンタス ブラック』の6S。自分の体調によって『Tour AD DI』の6Sと使い分けているという。

「ベンタスブラックのほうがちょっとハードの印象は持っていると思います。連戦が続いたりすると、体力があるときとないときで差が出たりするので、同じ60グラム台のSでも少しハードのものと、少ししなりに余裕ができるものを2種類用意してある。本人がそのときの体調や状態を見て使い分けています」

8月下旬にフランスで行われた「世界女子アマ」の疲れが残っており、練習日には「2〜3m/sくらいヘッドスピードが落ちている感じ」と、本来45m/sあるヘッドスピードが42m/sまで落ち、今週は軽いシャフトの投入も視野に入れている。「ドライバーはずっと60グラム台を使っていましたが、50グラム台もテストしています。『ベンタスブラック』の5Sと『DI』の5Xを、これも2種類試しています」。クラブのスペックは状況に応じて柔軟にかえるタイプのようだ。

それにしても地べたから打つのが一番難しい3番ウッドには硬さXのシャフトを挿し、ロフト10度台のユーティリティに、アイアンは4番からとは17歳の女子高生のスペックとは思えないほどハードだ。「それでも十分にボールが上がるし安定感もある。高校2年生とはあまり考えたことがないですね。ヘッドスピードなりにスペックを合わせたのが今の状態です」。

アイアンは『201CB』を愛用しているが、「4番はまだわからないですけど、5番、6番は新しいアイアンが入る可能性があります」と最新の『221CB』もテストしている。さらに、4番アイアンの代わりに、アイアン型ユーティリティ『Bリミテッド 229HI』の3番(ロフト20度)が入る可能性もあるという。「やっぱり今週はドライバーを使う機会が少なくなりそうで、ティショットで刻むケースが多いというのも聞いています。ちょっと長いパー3もあるので、そこで使う可能性があると思います」。

アイアンセットのロフト46度のPWのほかにウェッジは3本。いまのトレンドらしく50、54、58度と下が厚めのセッティングとなっている。「3本になったのは、この1、2年です。あの飛距離なので、ティショットを打ったら長い距離を打つクラブがそんなに必要ない。下の番手が距離別に出る方が良いと思うので、ロフトをきちんと4度刻みで揃えて、ウェッジも3種類入れているのだと思います」。

また、アイアンもウェッジもターフを取らずにクリーンに打つタイプのため、「バンスは少なめ」。58度のバンス角は8度とローバンスになっている。「前は少し上からしっかり入れていたような気がしますが、いまはきれいに入れている印象があります」と中原氏は変化を感じている。

そして、馬場の将来については「やっぱり体が大きい(175センチ)ですし、アメリカでも日本でもどんどんパワーヒッターが出てきている。プロになってからも日本のみならず世界で頑張ってほしいですね」と、中原氏も大きな期待をかけている。まだ高校2年生。これからどんな選手に成長していくか、ゴルフファンの楽しみが1つ増えた。

【馬場咲希のクラブセッティング】
1W:ブリヂストン B1リミテッド(9.5度/ VENTUS BLACK 6S、45インチ)
3W:ブリヂストン TOUR B XD-F プロト(15度/スピーダー569 EVO4 X)
UT:ブリヂストン B1 HY(18度/Tour AD DI-85 HYBRID S)
4I〜PW:ブリヂストン 201CB(N.S.PRO MODUS3 TOUR 105S)
50,54,58度:ブリヂストン TOUR B BRM(N.S.PRO MODUS3 TOUR 105S)
PT:テーラーメイド TPコレクション ハイドロブラスト ジュノTB2 トラスセンター(MC PUTTER X-FIRM)
BALL:ブリヂストン TOUR B X

<ゴルフ情報ALBA.Net>

  • 記事にコメントを書いてみませんか?