LIVゴルフ参戦組が再びこぞって欧州ツアーへ出場!

LIVゴルフ参戦組が再びこぞって欧州ツアーへ出場!

LIVゴルフ開幕戦覇者のチャール・シュワーツェルが欧州ツアー出場へ(撮影:GettyImages)

先週、DPワールドツアー(欧州ツアー)のフラッグシップ大会、「BMW PGA選手権」(9月11日終了)に18名のLIVゴルフ参戦の選手が出場したことで物議をかもしたが、2週後にセント・アンドリュースで開催される「アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権」(9月29日〜10月2日・スコットランド)にも10選手が出場する。


テイラー・グーチ(米国)、エイブラハム・アンサー(メキシコ)ら世界ランキング50位以内の資格で登録、また2010年、セント・アンドリュースで開催された全英オープン覇者のルイ・ウーストハウゼン、LIVゴルフ開幕戦覇者のチャール・シュワーツェルや、ショーン・ノリスら南アフリカ勢、PGAツアーとの訴訟に名を連ねているピーター・ユーライン(米国)も参戦する。これらのLIVゴルフ組は今週、米イリノイ州シカゴで16日から行われているLIVゴルフ第5戦に出場している。

先のBMW PGA選手権で4位に入ったグーチは世界ランキングを46位から35位へとアップ、大会18位だったアンサーは世界ランキング24位を維持した。年内最後の世界ランキングで50位以内に留まれば、現状では来年のマスターズ・トーナメントの招待を受けられる。

「アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権」はプロアマ戦でオールドコース、カーヌスティー、キングスバーンズの3コースで開催。ローリー・マキロイ(北アイルランド)、マシュー・フィッツパトリック(イングランド)、ビリー・ホーシェル(米国)、BMW PGA選手権を制したシェーン・ローリー(アイルランド)も出場する。(文・武川玲子=米国在住)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連ニュース】

  • 記事にコメントを書いてみませんか?