<速報>松山英樹は通算3アンダー カットラインを上回ってホールアウト

<速報>松山英樹は通算3アンダー カットラインを上回ってホールアウト

パープレーで終えた松山英樹(撮影:GettyImages)

<フォーティネット選手権 2日目◇16日◇シルベラードリゾート&スパ ノースC(米カリフォルニア州)◇7123ヤード・パー72>

米国男子ツアーの新シーズン開幕戦は第二ラウンドが進行中。日本勢で唯一出場している松山英樹は4バーディ・4ボギーの「72」でまわり、トータル3アンダーとスコアを動かせず。ホールアウト時点で39位タイとなっている。


前半でスコアを1つ落とした松山は13番でボギーを叩きカットラインをいよいよ下回る。だが、16番パー5で3打目を約3メートルにつけて値千金のバーディを奪取。そして最終18番で約3.7メートルを沈めてバーディ締め。元のスコアに戻して18ホールを終えた。

現在のトップはトータル12アンダーまで伸ばしている2016年のマスターズ覇者ダニー・ウィレット(イングランド)とマックス・ホーマ(米国)の2人が並んでいる。2打差の3位にジャスティン・ローワー(米国)が続いている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

  • 記事にコメントを書いてみませんか?