全英覇者がツアー初Vへ単独首位浮上! 2戦連続優勝かかるDJは2位タイ後退

全英覇者がツアー初Vへ単独首位浮上! 2戦連続優勝かかるDJは2位タイ後退

LIV初制覇へ、単独首位に浮上(撮影:GettyImages)

<LIVゴルフ 第5戦 at シカゴ 2日目◇17日◇リッチ・ハーベスト・ファームズ(米イリノイ州)>

シカゴで行われているLIVゴルフの第5戦は2日目の競技が終了。今年の「全英オープン」覇者キャメロン・スミス(オーストラリア)がトータル10アンダーまで伸ばして単独首位に浮上した。


首位から出た2試合連続優勝のかかるダスティン・ジョンソン(米国)はスコアを2つ落としてピーター・ユーライン(米国)と並ぶ3打差の2位タイに後退。4打差の4位タイにはローリー・キャンター(イングランド)とチャール・シュワーツェル(南アフリカ)が続いている。

この他、ブライソン・デシャンボー(米国)はトータル5アンダーの6位タイ、フィル・ミケルソン、ブルックス・ケプカ(いずれも米国)はともにスコアを落としてトータルイーブンパーの28位タイとなっている。

ジョンソンがスコアを落としたものの、団体戦はジョンソン、グーチ、パット・ペレス、パトリック・リードのチームが首位をキープ。こちらは勝てば4試合連続の優勝となる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連ニュース】

  • 記事にコメントを書いてみませんか?