大会史上初の300ヤード越え! 穴井詩が3度目のドラコン女王 各選手の使用1Wと飛距離を調査

大会史上初の300ヤード越え! 穴井詩が3度目のドラコン女王 各選手の使用1Wと飛距離を調査

穴井詩が圧巻の300ヤード越えで3度目の栄冠(撮影:鈴木祥)

<住友生命Vitalityレディス 東海クラシック 2日目◇17日◇新南愛知カントリークラブ美浜コース(愛知県)◇6502ヤード・パー72>

2日目の競技終了後、大会恒例の「ドライビング女王コンテスト」が行われた。飛ばし自慢の女子プロ12人が集まり、穴井詩が302.3ヤードをかっ飛ばして優勝。賞金50万円を獲得した。


1番ティで行われ、このときの風は右からのフォロー。風にうまく乗せられればビッグドライブも期待できる条件だった。各選手2球ずつ打って記録のいいほうを採用するルール。11人が打ち終わったところで、295ヤードで岩井明愛が暫定1位、294.8ヤードで葭葉ルミが暫定2位に立っていた。

そして、大本命として一番最後に登場したのが穴井。1球目は岩井明愛を越えられず、追い詰められた。だが、「緊張感がいいスパイスでした」。穴井の球はやや右に出るとドローの球筋を描き、風にも乗って280ヤードオーバーのフェアウェイに着弾。ランで転がり、コンテスト史上初となる“300ヤード越え”を達成した。

「切り返しからダウンススイングで、若干振り遅れていたものを、(手を)ちょっと返しにいったんっで。最後ぺってやって戻ってきてくれました。最高によかったです!」

このコンテストは大会恒例だが、昨年大会は荒天のため中止。2020年は笹生優花が「270.0ヤード」で優勝、18、19年は穴井が連覇を飾っている。3年ぶり3度目の女王戴冠だった。

【結果と使用ギア一覧】
■1位:穴井詩 302.3ヤード
1W:キャロウェイ エピックフラッシュ
(9.5度、TENSEI Orange、S、45.75インチ)
BALL:タイトリスト PRO V1x

■2位:岩井明愛 295ヤード
1W:ヨネックス EZONE GT
(9度、REXIS KAIZA-M、S、45.75インチ)
BALL:スリクソン Z-STAR XV

■3位:葭葉ルミ 294.8ヤード
1W:ホンマ TW757 TYPE D
(9度、VIZARD、S、45.5インチ)
BALL:ブリヂストン TOUR B X

■4位:鈴木麻綾 287.1ヤード
1W:キャロウェイ ローグ
(8度、バシレウス ベータII、S、45インチ)
BALL:キャロウェイ クロムソフト

■5位:工藤遥加 281.3ヤード
1W:キャロウェイ ローグ
(10.5度、グラファイトデザイン Tour AD TD、S、45インチ)
BALL:タイトリスト PRO V1X

■6位:山路晶 271.6ヤード
1W:テーラーメイド ステルスプラス
(9度、グラファイトデザイン Tour AD CQ、S、45.5インチ)
BALL:テーラーメイド TP5

■7位:服部真夕 268.9ヤード
1W:テーラーメイド SIM MAX
(9度、VENTUS、S、45.5インチ)
BALL:タイトリスト PRO V1

■8位:岩井千怜 266.7ヤード
1W:ヨネックス EZONE GT
(9度、REXIS KAIZA-M、S、45.75インチ)
BALL:スリクソン Z-STAR XV

■9位:セキ・ユウティン 266.0ヤード
1W:ピン G425 MAX
(9.5度、バシレウスZ II、X、45.75インチ)
BALL:タイトリスト PRO V1

■10位:桑木志帆 258.8ヤード
1W:ブリヂストン XD-3
(9.5度、Diamana、S、45.75インチ)
BALL:ブリヂストン TOUR B X

■11位:山城奈々 258.7ヤード
1W:キャロウェイ エピックフラッシュ
(9度、グラファイトデザイン Tour AD DI、S、45.25インチ)
BALL:スリクソン Z-STAR

■12位:佐藤心結 243.1ヤード
1W:ブリヂストン B1
(9.5度、グラファイトデザイン Tour AD HD、S、45インチ)
BALL:ブリヂストン TOUR B X

<ゴルフ情報ALBA.Net>

  • 記事にコメントを書いてみませんか?