プロギアの新モデルやピンの未発表モデルも クラブ契約フリー・大槻智春の2勝目を支えた14本【勝者のギア】

プロギアの新モデルやピンの未発表モデルも クラブ契約フリー・大槻智春の2勝目を支えた14本【勝者のギア】

クラブ契約フリーになって2勝目をつかんだ大槻智春(撮影:米山聡明)

<ANAオープン 最終日◇18日◇札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース(北海道)◇7063ヤード・パー72>

待望の2勝目は劇的な幕切れ。首位と5打差の3位から出た大槻智春が「66」で回り通算19アンダーで石川遼とのプレーオフに。2打目を先に打った石川が3メートルに乗せたが、大槻の2打目はピン奥に着弾、強烈なスピンバックで直接カップイン。パットを打たずして今季初、3年ぶりのツアー2勝目を手に入れた。


19年にツアー初優勝を遂げた大槻は、コロナ禍の影響で統合された20年、21年シーズンは総合力を示す「メルセデス・ベンツトータルポイント」で1位。それでも2位4回、3位2回を含むトップ10入りは12回あったが、優勝することはできなかった。今季から高みを目指してクラブ契約フリーになった。

2018年発売「G400 MAX」を長年エースドライバーとしてきたが、新エース探しのため多くのメーカーのクラブをテスト。ゴルフショップで購入することもある。試合によっては新エース候補を投入してきたが、今大会の使用ドライバーは手に馴染んだ長年のエース。「ドライバーに自信があるんですけど、今週に限っては機能していなくて…」。フェアウェイキープ率42.857パーセントと低調だった。

ティショットの低調を補ったのはアイアンだった。初優勝時から使い続けるピン史上初の鍛造マッスルバック『BLUEPRINT』(ブループリント)が武器となった。「打感がよく、操作性がいい」とお気に入りのヘッドで、洋芝の粘っこいラフからでもグリーンをとらえ、4日間のパーオン率は83.334パーセントだった。

フェース面が全面溝の60度のウェッジは、プロ入り当初から使うアクシスゴルフの『Z1ウェッジ』。ドライバー、アイアン、ウェッジを見るとこだわりの強さを感じるが、新作モデルも積極的に取り入れている。

3番ウッドはプロギアの新作『RS JUST』、4番アイアンはメーカー発表のないピン『i230』を入れている。4番アイアンについては「(フェースの)溝が増えたようでそのおかげで球も上がりやすくなったりスピンが入る。ロングアイアンにしては止まります」と話す。自分のゴルフにプラスになる新兵器は常に取り入れる姿勢があり、次戦以降も新製品は積極的に試すという。

クラブ契約フリー元年に待望の2勝目を手にできた。「フリーになってして良かったかどうかは分からないです。ほぼほぼセッティングは替わっていない(笑)。ただ今後のためにいろいろなクラブをテストできている感じなので、それは良かったのかな」。将来は欧州ツアーなど海外ツアーも視野に入れており、自分に合ういいモノを探す旅は終わらない。

【大槻智春の優勝クラブセッティング】
1W:ピン G400 MAX(9度/Tour AD DI-6TX、45インチ)
3W:プロギア RS JUST(15度/Tour AD クアトロテック 75X)
3I:テーラーメイド SIM UDI(20度/Tour AD プロトタイプ)
4I:ピン i230(DG AMT X100)
5I〜PW:ピン BLUEPRINT(DG EX TOUR ISSUE)
50度:タイトリスト ボーケイデザイン SM9(DG EX TOUR ISSUE)
54度:タイトリスト ボーケイプロトタイプ(DG EX TOUR ISSUE)
60度:アクシスゴルフ Z1ウェッジ(DG EX TOUR ISSUE)
PT:スコッティ・キャメロン ニューポート2
BALL:タイトリスト PRO V1

<ゴルフ情報ALBA.Net>

  • 記事にコメントを書いてみませんか?