米PGA「ZOZOチャン」争いも残り3戦 怪物ルーキー・河本力は高いモチベーション「めっちゃ出たいです」

米PGA「ZOZOチャン」争いも残り3戦 怪物ルーキー・河本力は高いモチベーション「めっちゃ出たいです」

”ZOZO”を目標にこの3試合を戦う河本力 写真はANAオープン(撮影:米山聡明)

<パナソニックオープン 事前情報◇21日◇小野東洋ゴルフ倶楽部(兵庫県)◇7113ヤード・パー72>

国内男子はビッグトーナメントが増える秋の陣を迎え、シーズン終盤の賞金王争いが白熱する。その前に選手がモチベーションとする争いが佳境を迎えている。それは国内で開催される世界最高峰の舞台、PGAツアー「ZOZOチャンピオンシップ」の出場権をかけた戦いだ。


2019年に始まった「ZOZO―」は、PGAツアーのトップ選手が集結し、第一回大会はタイガー・ウッズ(米国)、3回目となった昨年は松山英樹が優勝を飾っている。出場枠78人中、60人はPGAツアーに割り当てられる。共催となるJGTO枠は「日本ゴルフツアー選手権の優勝者」の1人と、国内開幕戦の「東建ホームメイトカップ」からZOZO前週の「For The Players By The Players」までのJGTO賞金ランキング上位8人が出場できる。

「ZOZO―」の切符をかけた戦いは今大会を含めて残り3戦。現在賞金ランキング1位の比嘉一貴は「日本ゴルフツアー選手権」優勝で有資格者。また、新リーグの「LIVゴルフ」に参戦経験のある選手は出場できないため、現在賞金ランキング7位の稲森佑貴を除く、賞金ランキング10位までのアンソニー・クウェイル(オーストラリア)までが圏内だ。

9歳で渡米して腕を磨いた“逆輸入プロ”の大西魁斗は今季「フジサンケイクラシック」でツアー初優勝を遂げるなど同4位につけており、出場権獲得は濃厚。「このままいけば出場できますね。小さい頃から見ていた夢の舞台。初PGAツアーですので出るだけでなく優勝目指して頑張りたい」と憧れの舞台のデビュー戦に向けて意気込む。

残り3戦に出場権をかける選手も多い。平均飛距離320ヤード超で「Sansan KBCオーガスタ」でツアー初優勝を遂げた河本力もその一人だ。現在賞金ランキングは16位で、クウェイルとは約1000万円の差。「ZOZOはめっちゃ出たいです。それが今の目標です。それがモチベーションになっています。海外の選手はアグレッシブというかゴルフのやり方が違うと思うので参考にしたいです」と残り3戦にかける思いは強い。

「残り3試合で2000万円ぐらい稼ぎたい」と目論む。今大会はコースが狭くOBも多いため「ティショットがスゴイ大事になってくる。しっかり組み立てていければ優勝争いできると思うので、まずは予選通過ですね」。石川遼が「米国でも飛ばし屋の部類に入る」と話す怪物ルーキーは、世界デビューを虎視眈々と狙う。

<ゴルフ情報ALBA.Net>