宮本勝昌は「今が一番楽しい」 同一年シニア・レギュラー両ツアー制覇へ意欲

宮本勝昌は「今が一番楽しい」 同一年シニア・レギュラー両ツアー制覇へ意欲

シニア入りした宮本勝昌が好発進(撮影:佐々木啓)

<パナソニックオープン 初日◇22日◇小野東洋ゴルフ倶楽部(兵庫県)◇7113ヤード・パー72>

今月シニアツアーデビューを果たした宮本勝昌が元気だ。シニアに2試合出場し3戦ぶりのレギュラーツアーの初日、6バーディ・1ボギーの「67」をマークして首位と2打差の4位タイで滑り出した。


「長いパッティングが入ってくれました。宮本の良さが出ました(笑)」とアウトから出た宮本は5番パー5でバーディ先行とすると7番からは3連続バーディを奪うなど流れに乗った。「パットが入るとアンダーは出るけど、入らないと今はすぐにオーバーパー、…今夜もパターと一緒に寝ます」と入り出すととまらないパットが冴えた。

8月に50歳となった宮本は、今年も賞金ランキングのシード選手として20代の若手にまじってレギュラーを戦う。「JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by サトウ食品」で優勝争いを演じて3位タイに入るなど、まだまだ衰え知らず。

今月からシニアデビューを果たし「コマツシニア」6位タイ、「日本シニアオープン」7位タイに入っている。「やることはいつも変わらない。たまたま先週までの2試合がシニア、今週から2試合がレギュラー。次はまたシニア…。自分の中では区別をしないようにしている。毎週エントリーしている目の前の試合に出るという発想でやっている」という。

20代の若手としのぎを削るレギュラーツアーもいいが、「シニアのほうが楽しい」と話す。「往年のプレーヤーたちが好きだからね。芹澤(信雄)さん、加瀬(秀樹)さん、奥田(靖己)さん、倉本(昌弘)さん…レストランにいたら迷わず、その席に行っちゃう。楽しくてしょうがない」。かつてレギュラーで戦っていた大先輩との談笑タイムは貴重な時間だ。

「今、両ツアーに出られて、ゴルフ人生の中で一番楽しいかもしれない。もう数年は両ツアーを掛け持ちで頑張りたいと思っています」。今季の賞金ランキングは53位。2019年に挙げた優勝の複数年シードが今年で終わるので、まずは賞金シードを確定させたい。

今年の開幕前には「同一年でレギュラーツアーとシニアツアーの優勝」を目標に掲げた。まずはレギュラーツアーから遂げてしまおう。(文・小高拓)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

  • 記事にコメントを書いてみませんか?