「日本人が慣れている」と感じるコースで2勝目へ 3日間大会の“恩恵”が古江彩佳を後押し?

「日本人が慣れている」と感じるコースで2勝目へ 3日間大会の“恩恵”が古江彩佳を後押し?

古江彩佳は久々の3日間大会に臨む(撮影:ALBA)

<ウォルマートNWアーカンソー選手権 事前情報◇22日◇ピナクルCC(米アーカンソー州)◇6438ヤード・パー71>

先週、最後まで優勝争いに加わりながら、3位惜敗と悔しさを噛みしめることになった古江彩佳。今季2勝目を目指し、「チャンスについたときは、獲っていきたい」と3日間のバーディ合戦に立ち向かう。


コース入りした火曜日と、プロアマに出場した水曜日で18ホールずつ、計36ホールを回り調整。2日間とも30度を超える酷暑のなかのプレーで「火曜日は移動の次の日で疲れた」というのが本音だ。さらに先週は優勝争いの激闘で、「ホテルに帰ると何もやる気が起こらなかった。最終日は特に頭を使ったので」と、心身ともにクタクタに。それも考慮すると、古江にとっては今週の3日間という日程はメリットが大きそうだ。

「開幕まで日にちも開くので、体力も回復しやすい」。昨年まで3日間大会も多い日本ツアーで戦っていた古江にとっては、この調整法も慣れたもの。開幕前日は一転、少し肌寒さも感じるまで気温が落ちたことで、過ごしやすい一日になった。さらに前日に続きプロアマが行われていた木曜日のコースを、この日出番のなかった古江は回ることができなかった。だが練習場のみの調整になったことも、かえって「練習だけなので、体力が戻せる」といい方向に働きそうだ。

2007年から始まった今大会は12年の宮里藍、18年そして昨年大会の畑岡奈紗と日本勢が3勝を挙げている。これについては、「木がある感じや、芝が日本に似ていて、日本人なら慣れていると思う。フェアウェイもプレーしやすい」という“既視感”を感じ取っている。ラフはバミューダ芝で日本とは異なる部分だが、そこは生命線のフェアウェイキープで回避しながら歩みを進めたい。

それだけに「初日からスコアを出していかないといけない」と、スタートから伸ばしていくことは必須。“慣れ親しんだ”コースと3日間大会で、先週の悔しさを晴らすプレーに期待したい。(文・間宮輝憲)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連ニュース】