「絶対無理とは思ってない」「単独2位を…」 8打差独走の相手に上位選手は何を思う?

「絶対無理とは思ってない」「単独2位を…」 8打差独走の相手に上位選手は何を思う?

左上から時計回りに、8差2位タイの三ヶ島かなと上野菜々子、9差4位タイの高橋彩華と竹田麗央(撮影:上山敬太)

<ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン 2日目◇24日◇利府ゴルフ倶楽部(宮城県)◇6491ヤード・パー72>

初日に「60」の日本女子ツアーレコードを叩き出した山下美夢有は絶好調。5つのバーディを奪ってボギーフリーと死角を一切見せないゴルフで、トータル17アンダーの単独首位。2位以下に8打差をつけて独走態勢となっている。この状況に上位につける選手たちは何を思うのか。


その2位タイにつける竹田麗央は「トップとは開いているんですけど、最終ホールまで何が起こるかわからない」とハッキリと言い切る。「そのためにもしっかり自分のプレーをしたい。初日に山下さんが12アンダーを出せたということは、そこを目指して逆転できると信じてプレーしたいです。絶対に無理だとは思っていません」と最終日を見据えた。

同じく2位につける三ヶ島かなはこの日ベストとなる「64」(8アンダー)をマーク。42位タイから40人抜きで急浮上した。「きょうは10アンダーまで持っていこう、と思っていました。2桁まで行けばチャンスがあるかと思って」とチャージをかけたが1打届かなかった。

あす以降は自分自身。「今週くらいからずっと腰が痛い。昨日も痛いと思いながら回っていたのですが、ケアがうまくいってきょう回り切れてよかった。痛みも軽減されています。あすはちゃんと元気に回れたらですね」と話した。

一方、「67」でトータル8アンダーの4位タイに浮上した高橋彩華は「2勝目を挙げたいけど1位が遠すぎて…(笑)」と苦笑い。「神がかりすぎですよね。山下さんが崩れるとは思えません。単独2位を狙うくらいの気持ちで…」と山下は見ず、自分のプレーに徹する構えを見せた。

その山下と最終組で一緒に回った同じく4位タイの上野菜々子は「バーディを必死に食らいついて獲りに行く気持ちは変わらないですが、1人だけ別でやっている感じで見ている」と、もはや別物としてとらえている。「トップに追い付こうって気持ちでいくと逆に変な感じになってしまうと思うので、1打1打集中して、今日みたいに楽しく笑顔で回れればいいかなと思います」とこちらも意識せずに臨む。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連ニュース】

  • 記事にコメントを書いてみませんか?