首位タイの宮本勝昌、史上8人目の50代V目前 「3日間のシニアならぶっちぎりの優勝(笑)」

首位タイの宮本勝昌、史上8人目の50代V目前 「3日間のシニアならぶっちぎりの優勝(笑)」

宮本勝昌が50歳でレギュラー優勝なるか(撮影:佐々木啓)

<パナソニックオープン 3日目◇24日◇小野東洋ゴルフ倶楽部(兵庫県)◇7113ヤード・パー72>

先月28日に50歳を迎え、今月シニアデビューを果たした宮本勝昌が元気だ。初日から「67」「66」「67」と並べてトータル16アンダー。大槻智春、アマチュアの蝉川泰果(せみかわ・たいが 東北福祉大4年)と並んで首位タイで最終日を迎える。3年ぶりのツアー13勝目、ツアー史上8人目の50代優勝がかかる。


首位タイでホールアウトをするも、宮本の口から出てくるのは自分以外の話ばかり。この日、蝉川が「61」をマークしたのを知ると「すごいね、蝉川泰果くん。山下美夢有ちゃんに負けてないね〜」といえば、同組で回った先週優勝の大槻についても「大槻くんがすごいね。余裕の6アンダーだ」と称賛する。

自身に話を向けられると「僕は3日間のシニアツアーならぶっちぎりの優勝だから」と笑い飛ばすが、4日目の最終日に勝ち切る難しさも知っている。「このハイペースな戦い、これはついていくの大変じゃないですか。相乗効果で泰果くんみたいに明日誰か10アンダー出してきますからね。ここ数年そういうのが感じられるので」。

伸ばし合いの時の若手のポテンシャルの高さを肌で感じた。今年6月の「JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by サトウ食品」では、最終日にトータル17アンダーの単独首位で出て、順調にスコアを伸ばしてゲームを有利に進めていた。しかし、「65」以下のビッグスコアを出す選手が続出。ラウンド途中、優勝スコアを上方修正する事態に。4つ伸ばした宮本は後続に飲み込まれて2打差の3位タイ。優勝した稲森佑貴は想像を超えるトータル23アンダーまで伸ばした。

19年の「中日クラウンズ」以来、3年ぶりの優勝がかかる最終日のプレーについて聞かれると、「朝、霧が出てくれて、あとは雷雲とか(笑)」。前日、下部のABEMAツアーで最終日が中止となり、2日目を終えて首位に立っていた46歳の小林正則が優勝を挙げたことを例に出し、「小林(正則)のラッキーみたいな優勝にならないの?(笑)」と笑いを誘う。続けて、「意気込みはもうないですよ、まったくないです。泰果くんのプレーを見るのと、僕は目の前の1ホール1ホール消化していくだけですね」。

プロ生活28年目。これまでのレギュラーツアー出場は600試合を超え、優勝は12回。誰よりも勝つことの難しさを分かっている。ただ1年でも長くレギュラーツアーに出場したい思いは強い。勝てば史上8人目の50代での優勝。1ホール1ホール消化した先に快挙が待っている。(文・小高拓)

【国内男子ツアー50歳以上での優勝者】
尾崎将司(55歳241日 2002年「全日空オープン」など12勝)
杉原輝雄(53歳178日 1990年「大京オープン」など4勝)
中嶋常幸(52歳23日 2006年「三井住友VISA太平洋マスターズ」)
プラヤド・マークセン(50歳358日 2017年「SMBCシンガポールオープン」)
青木功(50歳90日 1992年「カシオワールドオープン」)
谷口徹(50歳92日 2018年「日本プロゴルフ選手権」)
金井清一(50歳5日 1990年「NST新潟オープン」)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

  • 記事にコメントを書いてみませんか?