最年少予選通過は14歳224日 最年長予選通過は54歳165日【日本女子オープン記録】

最年少予選通過は14歳224日 最年長予選通過は54歳165日【日本女子オープン記録】

2010年「日本女子オープン」に出場した柏原明日架(撮影:福田文平)

第55回日本女子オープンゴルフ選手権競技が紫CCすみれC(千葉県)で、9月29日(木)に開幕する。日本女子オープンは、毎年、コースを変えて開催される女子プロゴルファー日本一を決めるナショナルオープン。出場選手たちのタイトル戴冠への思いは強く、さまざまな記録が生まれている。


17歳263日で最年少優勝を2016年第49回大会(烏山城CC二の丸・三の丸C)で遂げた畑岡奈紗をはじめ、近年10代のアマチュア選手が活躍している日本女子オープン。予選通過年齢の年少記録を振り返ってみると、現在ツアーのトップで戦う多くの選手の名前が挙がる。

最年少記録は14歳224日で13年第46回大会(相模原GC東C)に予選を通過した松原由美。松原は他にも年少記録を持っている。11年大王製紙エリエールレディスにアマチュア出場したときの記録だ。このときが初めてのツアー出場だったのだが、12歳270日で予選を通過。これもまた、最年少の記録となっている。

日本女子オープンに話を戻すと、年少予選通過記録の2位は柏原明日架で、10年第43回大会(大利根CC東C)で記録した14歳244日。3位は宮里美香で04年第37回大会(広島CC八本松C)の14歳357日、4位は梶谷翼の15歳16日(18年51回大会・千葉CC野田C)、5位15歳61日の山口すず夏(15年第48回大会・片山津GC白山C)と続く。

一方、最年長予選通過は、99年第32回大会(霞ヶ関CC東C)でツアー通算10勝の岡田美智子が記録した54歳165日。岡田は現在、レジェンズツアーのグランドシニアの部で活躍している。

■年少予選通過記録
1位 松原由美 14歳224日 13年第46回大会(相模原GC東C)
2位 柏原明日架 14歳244日 10年第43回大会(大利根CC東C)
3位 宮里美香 14歳357日 04年第37回大会(広島CC八本松C)
4位 梶谷翼 15歳16日 18年51回大会(千葉CC野田C)
5位 山口すず夏 15歳61日 15年第48回大会(片山津GC白山C)
6位 高村亜紀 15歳80日 87年第20回大会(筑波CC)
7位 紫垣綾花 15歳139日 98年第31回大会(三好CC西C)
8位 佐渡山理莉 15歳150日 15年第48回大会(片山津GC白山C)
9位 山内日菜子 15歳161日 11年第44回大会(名古屋GC和合C)
10位 中島エリカ 15歳215日 80年第13回大会(春日井CC西C)
※すべてアマチュア時代に出場。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

  • 記事にコメントを書いてみませんか?