女子ナショナルオープンが開幕 渋野日向子らはテキサス決戦に挑む【今週の主要大会】

女子ナショナルオープンが開幕 渋野日向子らはテキサス決戦に挑む【今週の主要大会】

黄金世代から黄金世代へ 原英莉花(左)が勝みなみへチャンピオンズブレザーを着させた(写真は2021年日本女子オープン)(撮影:岩本芳弘)

国内女子ツアー公式戦「日本女子オープン」が29日(木)に開幕を迎える。ナショナルオープンを制し、日本女子ゴルファーNO.1の称号を得るのは、果たして誰になるのか。米国のテキサス決戦に挑む渋野日向子、古江彩佳、畑岡奈紗ら日本勢の活躍にも注目だ。


■国内女子「日本女子オープン」(29〜10月2日、千葉県・紫カントリークラブ すみれコース、賞金総額1億5000万円)

舞台はツアー史上最長の「6839ヤード」に設定されている紫CすみれC。2020年には「日本オープン」も開催された難コースに、女子ゴルファーたちが挑む。

連覇のかかる勝みなみ、2020年大会覇者の原英莉花ら黄金世代の面々や、2週連続優勝を狙う絶好調の山下美夢有に注目が集まるが、今年はルーキーの活躍にも期待大。メジャー2連勝がかかる川崎春花や今季初勝利を挙げている岩井千怜に尾関彩美悠などタレントは十分にそろっている。

また、今年の「全米女子アマ」を制した馬場咲希(代々木高2年)も参戦。2週前の凱旋試合「住友生命Vitalityレディス 東海クラシック」では悔しい予選落ちに終わっただけに、リベンジへ気合も十分。若き才能による熱い戦いが繰り広げられそうだ。

■米国女子「アセンダントLPGAベネフィッティング ボランティアーズ・オブ・アメリカ」(29〜10月2日、テキサス州・オールドアメリカンGC、賞金総額170万ドル=約2億4500万円)

舞台をテキサス州に移して行われる一戦。日本からは渋野日向子、古江彩佳、畑岡奈紗、笹生優花、上原彩子が出場する。

先週は予選落ちに終わった渋野だが、直近のテキサス大会「全米女子オープン」では4位に入っており、上位争いが期待される。ただ、テキサス州の内陸部に位置するオールドアメリカンGCは大きな湖に面しているため、ほとんどのホールで強い風と対峙することになる。“風との付き合い方”がコース攻略のカギを握りそうだ。

■国内男子「バンテリン東海クラシック」(29〜10月2日、愛知県・三好カントリー倶楽部 西コース、賞金総額1億1000万円)

舞台は第一回大会から一貫して三好CC。歴史ある名門コースで今年も戦いの火ぶたが切られる。

2018年にアンジェロ・キュー(フィリピン)、19年にショーン・ノリス(南アフリカ)、中止となった20年をはさみ、昨年はチャン・キム(米国)が制覇。3大会連続で海外勢がカップを掲げている。しかし、スコット・ビンセント(ジンバブエ)やショーン・ノリス(南アフリカ)らがLIVゴルフや欧州ツアーに参戦していることもあり、現在、賞金ランキングでトップ10内に海外勢の名前はない。

少々元気のない海外勢だが、この地で目を覚ますことになるのか。4連勝はさせじと、日本勢が5年ぶりの勝利を果たすのか。目が離せない4日間となる。

■米国男子「サンダーソンファームズ選手権」(29〜10月2日、ミシシッピ州カントリークラブ・オブ・ジャクソン、賞金総額790万ドル=約11億4300万円)

米国男子ツアーの新シーズン2戦目。先週に米国選抜と世界選抜の対抗戦「プレジデンツカップ」が行われたこともあり、世界ランキングトップ10はいずれも不在となっている。

昨年大会ではプレジデンツカップにも参戦したサム・バーンズ(米国)が勝利。大会連覇を狙い、今年も優勝候補の一人として参戦する。日本勢は出場しない。

■欧州男子「アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権」(29〜10月2日、スコットランド・セント・アンドリュース オールドコースほか、賞金総額500万ドル=約7億2300万円)

セントアンドリュース オールドコースなど、スコットランドの名門3コースを巡るプロアマ形式の一戦。第3ラウンドまでは3コースを交互に回り、最終ラウンドはセントアンドリュースで行われる。

昨年大会ではダニー・ウィレット(イングランド)が逃げ切りV。自身34度目の誕生日をツアー通算8勝目で飾った。今年は日本から金谷拓実が出場する。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

  • 記事にコメントを書いてみませんか?