岩井明愛は“暗闇バーディ”締めで4位タイ発進 「パターは全然見えなかった(笑)」

岩井明愛は“暗闇バーディ”締めで4位タイ発進 「パターは全然見えなかった(笑)」

岩井明愛は日没を過ぎた暗いなかでバーディフィニッシュ(撮影:佐々木啓)

<日本女子オープンゴルフ選手権 初日◇29日◇紫カントリークラブ すみれコース(千葉県)◇6839ヤード・パー72>

最終予選会トップ通過で本戦への出場を果たした岩井明愛(あきえ)が、6バーディ・4ボギーの「70」で回り、2アンダーの4位タイの好発進を決めた。


午前12時11分に全体最終組として1番からティオフ。2番でボギーが先行して前半は2オーバーで折り返したが、難易度が高いインコースで巻き返し。10番では15ヤードから、16番ではグリーン手前のバンカーから2度のチップインバーディを決めて最終18番を迎えた。

だが、このときの時刻は午後5時20分頃。この日の千葉県野田市の日没時間は午後5時28分で、投光器が点けられるほど辺りはすっかり暗くなっていた。このサスペンデッド間際のプレーには「ショットは見えましたけど、パターは全然見えなかった(笑)」というまさかの状況だったことを明かした。

7メートルのスライスラインにつけていたバーディパットだったが、「どれくらい曲がるか分からなくて」と苦笑。それでも「深めに読んだら曲がってくれた。スッキリしました」と難しい状況下でのバーディ締め。一打の重みがより顕著になるメジャー大会で、そのチャンスをしっかりものにした。

ザ・クラシックゴルフ倶楽部(福岡県)で行われた20年大会ではローアマチュアを獲得している岩井。プロになって2度目となる今大会での好発進には「率直にうれしい、久しぶりにイメージ通りのゴルフができました。バーディパットも入ってくれたので達成感があります」。暗いなかで、満面の笑みが輝いた。

とはいえ、まだ初日が始まったばかり。「(あしたからも)自分のゴルフに集中したいです」。初日にアンダーパーが8人しかいない難コース。2日目は午前組で8時6分にスタート。日没の暗さを気にせず、耐えながらもどんどん伸ばしていきたい。(文・笠井あかり)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連ニュース】

  • 記事にコメントを書いてみませんか?